アメリカに落語の花を咲かせましょう

〜第40回〜 日本に一時帰国中の活動

異なるジャンルで活躍する当地の日本人が、不定期交代で等身大の思いをつづる連載。


日本に一時帰国して一カ月が経ちました。だいたい30席くらい公演してますから一日一席ペースですが、移動の日やオンライン稽古だけの日もあり、実際は2日で12席のスケジュールだったりと心身共にハードな生活をしています。今週は静岡から東京、山形県の寒河江(さがえ)市、秋田市を回って、東京で柳家権太楼(ごんたろう)一門会、図書館での独演会と目まぐるしく、来週は一週間京都で毎日日替わりのイベントを打っての「京都落語WEEK」で4回の独演会、途中一回東京に戻って高田馬場で独演会をほぼ一カ月休みなしで、思う存分に落語をしています。

「ざぶとん亭」の弟子たち

僕の師匠は三代目柳家権太楼ですが、私を含めて弟子が6人います。5人が真打ちで最後の一人が二ツ目ですが、彼も来年真打ちかというところです。そして僕は自分で作りました「RAKUGO Association of America」で後進の育成をしていますが、こちらはアマチュアですので「柳家」ではなく「ざぶとん亭」です。「ざぶちゃん」が「ざぶとんに座って」やる芸ですので「ざぶとん亭」です。その「ざぶとん亭」ですが、アメリカの他にも日本のクラスがあり、今回の帰国で初めてzoomで会っていた「可愛いお弟子さん」に会いました。

というのも、写真の中で着物を着ている「ざぶとん亭きの子っぺぱん」ちゃんが僕の落語の前座を勤めてくれることになり、オンライン上のクラスのみんなが集まりました。

僕のクラスにはいろいろな名前のお弟子さんがいて、みんなそれぞれに自分で好きな芸名を付けます。中には「ざぶとん亭ジェダイ」と名乗った子もいましたが、ジェダイは2週間でやめちゃいました。暗黒面へ落ちてしまいました。うちの甥っ子は単純で焼肉が好きだから「ざぶとん亭焼肉」です。焼肉には「ざぶとん」という部位がありますので、なんだか焼肉屋さんみたいです。そんな中でも特に個性的なのが「きの子っぺぱん」ちゃんです。きのこは可愛いから、コッペパンは美味しいからという理由で造語された「きの子っぺぱん」。会場のスタッフさんが短く「こっぺぱん」さんと略していましたが、僕は絶対に略さない。僕は「ざぶ」さんと言われてますがね、なんとなく「きの子っぺぱん」は「きの子っぺぱん」なんです。そんな彼女は名前の由来から会場を笑わせにかかり、無事に「味噌豆」という演目で前座を勤めてくれました。

アメリカで落語界の「究極の横社会宣言」

私たちの落語界は究極の縦社会です。400年の間、師弟関係を中心に口伝で芸が継承されて来ました。その伝統のもとで僕は師匠、柳家権太楼に育てていただき、真打ちになり、楽屋や世間では師匠と呼ばれています。しかし、僕が選んだ住処(すみか)は自由の国アメリカです。そしてリベラルな街、ニューヨークです。僕はこの土壌に合う後進の育成を考えた時に、アメリカでの落語界、落語を教えるメソッドにイノベーションを起こそうと思いました。それが「究極の横社会宣言」です。僕は落語を教える師匠でありますが、あくまで落語の上手な同志です。僕たちはアメリカや世界で落語やRAKUGOをする仲間、友達なのです。その究極の横社会の中から生まれたメソッドが「らくごdeあそぼ」です。みんなで役を振り分けて、5歳から70歳までのざぶとん亭一門で「らくごdeあそんで」います。

先日は初級クラスでざぶとん亭すいかちゃん5歳と僕で初天神をやりました。役は、すいかちゃんがお父さん、僕が子供の金坊です。すいか「おめえは子供のくせに、言うことだけは一人前だな」。ざぶ「おとっつあん、飴玉買って」。すいか「飴玉ほおばって喋るんじゃねえ」。

楽しい世界です。

──────────
この連載は今回で一旦お休みになります。この連載で文章を書く楽しみをたくさん味わいました。今後、「らくごdeあそぼ」の落語教則本やこの連載をまとめた本が出る予定です。読者の皆さまにおかれましては、今後も私や「ざぶとん亭一門」の活動を見守っていただきたくお願い申し上げます。

またいつかこちらの連載に帰って来るのを楽しみにしています。

柳家東三楼

 

 

 

 

柳家東三楼
(やなぎや・とうざぶろう)

東京都出身。
1999年に3代目・柳家権太楼に入門。
2014年3月に真打昇進、3代目・東三楼を襲名した。
16年に第71回文化庁芸術祭新人賞を受賞。
19年夏よりクイーンズ在住。演出家、脚本家、俳優、大学教員(東亜大学芸術学部客員准教授)としても活動。
紋は丸に三つのくくり猿。出囃子は「靭(うつぼ)猿」。
現在、オンラインでの全米公演ツアーを敢行中。落語のオンラインレッスンあり、詳細はウェブサイトへ。
zabu.site

 

お知らせ
子供、学生、大人向け落語レッスン開講中!
東三楼さんは、現在子供たちや学生、大人へ落語のグループ稽古を提供しています。落語と共に、日本語や日本の文化を一緒に学びましょう!
落語レッスンに参加したい人は、tozaburo.rsv@gmail.com宛にメールでご連絡ください。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!