ニューヨーク仕事人名鑑

ニューヨーク仕事人名鑑 #46 土持智加さん

困難に立ち向かい、今を全力で生きる日本人ビジネスパーソン。名刺交換しただけでは見えてこない、彼らの「仕事の流儀」を取材します。


みずみずしい水しぶきや粉じんが舞う中にジュエリーやコスメを映した広告動画を、テレビや街中で見掛けることは多いだろう。土持(つちもち)智加さんは、そんな特殊効果を専門に扱うスタジオ「スウェル」で働くクリエーターだ。

同スタジオは、ニューヨークでは希少な日本人の特殊効果技師によるきめ細やかな対応力と高い技術力で、現地のディレクターからも評判を得ている。

先読みする力で現場を支える

特殊効果にはさまざまあるが、例えば商品の上をインクが流れる動画撮影であれば、インクの流れるスピードや量、色の濃さを細かく調整していくことが土持さんの仕事となる。

「撮影を1カットで終えることはめったになく、何度も同じカットを繰り返します。その度に汚れた商品やセットをきれいにリセットしないといけないので、一日中掃除ばかりしているような日も多いんです」と苦笑い。しかも、どんなに打ち合わせを重ねても現場で方向性が変わることは日常茶飯事だ。もしかしたら撮影の中でディレクターから「もっとこのインクの色を濃くしたい」「粘り気を足したい」などのリクエストが入るかもしれない。そんな予期せぬ事態に備えて、あらゆる依頼にも対応できるように周到な準備を怠らないのだそう。現場ではもちろん、撮影準備の段階でも先読みする力が問われるだけでなく、膨大な量の材料を運搬しなければならない体力仕事でもある。

もともとは機械工学に関心があったという土持さんは、高校卒業後アイオワ州の大学に入学すると、2年ほどでニューヨーク工科大学に編入するためニューヨークにやって来た。憧れだったエンジニアの職が思ったよりも肌に合わなかったことから、次の職をどうするかと悩んでいた時期に現在のスタジオの代表と出会い、その縁で踏み入れることになった特殊効果の世界。

ニッチな世界であり、地道な作業の繰り返しで労力が掛かる仕事ではあるが、依頼主のアイデアを自分たちの手で形にすることができることが、今では土持さんにとって喜びなのだそう。

機械工学への興味は尽きない

今の会社に勤めてから早8年だが、「カメラのレンズを通した時に、どんな動きになるかを頭の中でシミュレーションするスキルをもっと磨いていきたいです。私の技術はまだまだなんです」と語る姿は、謙虚な姿勢で仕事に臨む土持さんらしい。

今一番興味のあることについて聞いてみると、カメラの動きをコンピュータで制御するモーションコントロールを使ったロボットアームについてもっと勉強することだとか。「物を一定の速度で正確に動かすことは人の手では難しいです。でもこの技術を駆使すれば、より精巧なカメラワークを何度でも再現できるはずなので」。

あくまでも機械工学への強い探究心を持ちながら、「いずれは機械工学に興味を持つきっかけになった宇宙にも行ってみたい」と壮大な夢を語ってくれた土持さん。特殊効果というミクロな世界で活躍しつつも、宇宙というマクロの世界にも想いをはせる姿が印象的だった。

 

 

 

 

土持智加さん
特殊効果技師

来米年: 2005年
出身地: 岡山県
好きなもの・こと: 旅行
特技: アクセサリー作り

2005年に来米。
アイオワウェスレヤン大学に入学後、機械工学を学ぶため、07年にニューヨーク工科大学に編入。
プロトタイプスタジオでのインターンシップを経て、13年、特殊効果専門会社「スウェル」に入社。
以来ビューティーやジュエリーを中心とした広告制作の特殊効果を手掛ける。
swell-makotoaoki.tumblr.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。