ハートに刺さるニュース解説

クオモ州知事辞任

セクハラ認定される
辞任包囲網は破れず

 

米ニューヨーク州のレティシア・ジェームズ司法長官は8月3日、アンドリュー・クオモ同州知事が11人の女性にセクハラをしていたことを立証したとして、165ページの捜査報告書を発表した。クオモ氏はこれを受けて10日、2週間後に辞任する意向を表明した。しかし、セクハラ行為は認めず、「(超えてはいけない)一線が変化していたことを理解していなかった」と弁明した。

クオモ氏が辞任した後、副州知事であるキャシー・ホークルさんが州知事に昇格、ニューヨーク州で初の女性州知事となる。

クオモ氏は、部下の女性らにセクハラを繰り返し、州政府は女性にとって「恐怖心をあおる」職場環境だという。

クオモ氏は昨年、新型コロナウイルスの爆発的感染への対策で辣腕を発揮し、政治家として全米ブランドにのし上がった。しかし、セクハラを繰り返していた。

6日には、同氏に胸を触られたと証言した女性が、刑事事件として、州都があるアルバニー郡保安官事務所に告発した。

バイデン米大統領も3日のホワイトハウスの記者会見で「クオモ氏は州知事を辞任するべきだ」と指摘した。セクハラは今年3月、複数の被害者がメディアに告発し明らかになった。ジェームズ司法長官は、外部の弁護士2人を指名し、捜査を開始した。弁護士らは、5カ月に渡り179人にインタビューし、報告書をまとめた。クオモ氏も宣誓のもと、11時間の尋問を7月に受けている。

側近や支援者が
被害者の苦情を無視

弁護士らによると、クオモ氏は、部下の特に若い女性11人に対し、同意なく身体に触れ、キスをしたり、ハグしたり、不適切なコメントをした。

弁護士の1人、アン・クラーク氏は「州知事は、女性らを探し回ったり、じっと見つめたり、上から下まで見たり、胸やお尻を眺めたりしたことも多かった」と、被害者や部下の女性を不快にさせる行為を繰り返していた。

また、クオモ氏の側近や支援者が、同氏の機嫌を損ねないように、被害者らの苦情を無視し、もみ消していたことも分かった。被害者だけでなく、それを知る女性職員にとって恐怖心と緊張感に満ちた「ストレスが激しくたまる職場環境」が常態化していた。

セクハラは否定
州議会は弾劾手続き

一方、クオモ氏は報告書に対し、記者会見ではなく、録画ビデオと85ページの反論書を公表。「報告書は、私について事実と異なる描写をしている」とし、辞任する意向はないとした。

「私は、不適切に誰かに触ったり、性的に言い寄ったりはしていない。(中略)(報告書の中の)私は真の私ではないし、過去にもそうであったことはない」(同氏)。

ビデオは、クオモ氏が男女に関係なく、キスしたりハグしたりする写真を立て続けに流し、同氏は「温かさを示す表現だ。人々をリラックスさせて、笑顔を見たいからだ」と説明した。

これに対し、民主党が多数派であるニューヨーク州議会は、有罪が可決すれば、クオモ氏を州知事職から罷免できる弾劾への手続きを進めていた。今後の見通しは不明だが、弾劾罷免されなければ、同氏は将来選挙に出馬できる。

訴追の可能性も
政治生命に打撃

クオモ氏の2代前の州知事だったエリオット・スピッツァー氏(民主党、2007年就任)は、高級娼婦クラブに数万ドルをつぎ込んでいたことが分かり、就任から1年程度で辞任している。

今回の捜査に当たった弁護士の1人で元連邦検察官のジューン・キム氏は、「州知事にノーと言ったり、彼や彼の側近幹部の気分を損ねると、相手にされなくなるか、さらに悪いことも起きるというカルチャーがはびこっている」と話した。

これは、女性へのセクハラや性的暴行をなくそうという#Me Too運動のきっかけになった元ハリウッド・プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン服役囚(現在)のセクハラ事件にも共通している。クオモ氏の事件は今後もワインスタインと同様、訴追される可能性があり、知事辞任に至った。

 

 

 

津山恵子
ジャーナリスト。
「アエラ」などに、ニューヨーク発で、米社会、経済について執筆。
フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOなどに単独インタビュー。
近書に「現代アメリカ政治とメ ディア」(東洋経済新報社)。2014年より長崎市平和特派員。元共同通信社記者。

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。