プロスポーツから見る経営学

東京五輪の事前キャンプ

五輪本番に向けた
事前合宿での心得

東京五輪がいよいよ開幕しますが、各国代表チームはそれよりも前に日本に入り、気候や時差を調整するために事前キャンプを実施することが多いのです。

東京に入り、選手村などに入村した後は日本オリンピック委員会の管轄となりますが、事前キャンプは各国が独自に手配・管理をします。この事前キャンプ誘致では、さまざまな地方自治体が誘致活動をしたり、代表が自分たちの条件に合う場所を探したりしていきます。

 

いよいよ今月23日から東京五輪が開幕する

1年半以上前から
綿密に準備

弊社は海外チーム同士の国際試合をマッチメーキングする資格を有していることから、今までさまざまな国やチームの移動やキャンプ、対応に従事してきました。代表的なものはハワイにて主催している日米のプレ・シーズン・トーナメントの「パシフィック・リム・カップ」であり、昨年はさいたま市からのご依頼で「さいたまシティカップ」における大宮アルディージャの対戦相手としてウルグアイリーグ王者のクラブ・ナシオナル・デ・フットボールを招聘(しょうへい)したりしてきました。

同時にアメリカサッカー界で長らくスポーツビジネスに従事してきたことより、今回アメリカサッカー女子代表、そしてボクシング代表6カ国(アメリカ、ドイツ、フランス、アイルランド、オランダ、オーストラリア)総勢110人の日本での事前キャンプを取り仕切らせていただきました。

この準備は実はさかのぼること1年半以上前からになります。合宿をするための諸条件のヒアリング、そしてキャンプ地との折衝・調整、契約書チェックなどの作業が細かく行われるものです。そこからどのように移動をするか、セキュリティーはどうか、食事のメニューなどの細部まで詰めていき、無事にキャンプ地に到着となります。

コロナ禍での対処
現場での3つの注意点

今回大変だったのはコロナ禍でバブル体制が敷かれ、動きが大幅に制限された点です。外出はおろか、敷地内でも一般客と交わらないような導線を張り巡らせないといけませんでした。キャンプ中は弊社スタッフも総出でホテルに運営本部を立ち上げ、現場で起きるさまざまな出来事に対応をしました。

この仕事の現場で難しい点は3つあります。

①チームの使いっ走りにならないこと。あくまでもチームとキャンプ地の間に入り潤滑油になることが仕事です。個人でできることには限界があり、チームの言いなりになって雑務に忙殺されてはいけません。

②運営チーム全体でホテル、県、市と連動して動くこと。現場ではみんながあちこちに走らないといけないし、刻々といろいろな変更やハプニングが起きます。常に運営本部が皆の動きを把握し、適切な指示系統を確立していることも大切です。

③ミーハーにならないこと。プロのチームマネジメント集団ですので選手のサインをもらおうとしたり、アイテムをもらおうとしたり、チームと行動を共にして自分もそのチームの一員になったという勘違いをすると、ひいきしたり健全な運営ができなくなるのでミーハーな気持ちを抑えないといけません。

キャンプでは選手たちの素顔を見ることができました。親近感も湧きますし、多くの人が支えてのキャンプだっただけに、五輪本番で活躍をしてもらえることを切に願っています。

 

 

中村武彦

マサチューセッツ大学アマースト校スポーツマネジメント修士取得、2004年、MLS国際部入社。08年パンパシフィック選手権設立。09年FCバルセロナ国際部ディレクター就任。ISDE法科大学院国際スポーツ法修了。現東京大学社会戦略工学研究室共同研究員。FIFAマッチエージェント。リードオフ・スポーツ・マーケティングGMを経て、15年ブルー・ユナイテッド社創設。


スポーツマーケティング
ひとくち入門コラム⑤

せっかくスポーツマーケティング大国 アメリカにいるので、一般的な新聞やテ レビではなく、スポーツを活用してスポー ツマーケティングをする方が訴求力もあ り、楽しいものです。スポーツマーケティ ングを活用する方法10個をこの連載 で紹介していますが、今回は2つ目の 方法「ブランドイメージの伝達・構築」。

例えば自社や自社製品のイメージが 今ひとつ活力に欠けていたり、本来あ るべき姿と異なっていたりする時に、ス ポーツの持つイメージと掛け合わせる ことで本当の自分たちのブランドイメー ジを伝えることができます。例えば農業 に従事するブランドがもっと若者に知 って欲しいとか、もっとカッコよく刷新し たい! という時にレッドブルの保有する チームとコラボをしたらどうなるでしょう か。あるいはマンチェスター・ユナイテッ ドのフィールドの芝生をさっそうと刈る 映像などを制作したらどうでしょうか。

自分たちの描くブランドイメージと合 致するスポーツチームやイベントを見つ け、相乗効果が出るようなコラボを実施 することでブランドイメージを上手に伝達 したり構築することが可能となります。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!