ニューヨーク仕事人名鑑

ニューヨーク仕事人名鑑 #20 島野雄さん

困難に立ち向かい、今を全力で生きる日本人ビジネスパーソン。名刺交換しただけでは見えてこない、彼らの「仕事の流儀」を取材します。

※これまでのビジネスインタビューのアーカイブは、nyjapion.comで読めます。


ミッドタウンにある「ミフネニューヨーク」でエグゼクティブシェフを務め、数々のコンペティションでも入賞するなど日本人シェフとして当地で活躍している島野雄さん。

そんな島野さんは、8年間フランスで経験を積んできた生粋のフレンチ出身だ。「フランス料理の修行を積んだ日本人がニューヨークでシェフをするのは、言ってしまえば畑違い。でもそんな枠に捉われないのもニューヨークらしさなのだと感じます」。

世界中からさまざまな才能が集まるニューヨークでは、あらゆる国籍やジャンル出身のシェフが活躍できる土壌があるのだという。

才能を育てたのは母の手料理

日本の調理師学校を経て、カンヌやパリのレストランで修行を積んでいった島野さんは、その腕が認められ、世界最高峰として知られる三ツ星の名店「ギイ・サヴォワ」のシェフに見事抜擢される。花形である肉とソースの部門責任者、シェフ・ド・パルティーを任され2年間務め上げたが、そのポジションでは、20種類以上もの複雑なソースの味を判別できなくてはならない。そんな職人技の舌を持つことができたのは、母親の手料理のおかげだと島野さんは言う。「野菜嫌いだった幼少期、母はソースやたれを全て手作りしてくれたり毎食工夫してくれました。そのおかげで繊細な味もわかるようになったと思うので、感謝ですね」。

戦場のようなグランメゾンの調理場は、結果を出さなければ容赦なく降格させられることから、プレッシャーのかかるポジションであったものの、最高峰のレストランで学べたことは今の仕事に活きている。

ニューヨークに渡り、自身が初めてヘッドシェフとしてリードする現在の店は、おまかせメニューを中心に、フレンチをベースにしたクリエーティブな創作料理に力を入れている。「素材を組み合わせるのは感性が豊かな日本人の腕の見せ所。いかにアメリカの食材を取り入れて新しい料理を作れるかに取り組んでいます。料理がおいしければ『素晴らしかった』と言ってくれる、シビアなニューヨーカーだからこそ燃えますね」と島野さん。自身のバックボーンであるフレンチを武器に、これまでにない“フレンチジャパニーズ”を提案していくことに情熱を注ぐ日々だ。

シェフの社会的地位向上を目指す

見るも美しい繊細な料理を生み出す島野さんいわく、「ニューヨークやフランスはシェフが『アーティスト』としてリスペクトされる場所」だそう。フランスではシェフの教育制度が整備されているのに比べ、日本ではまだまだシェフの社会的地位は低い。「もし僕が影響力を持つことができれば、日本人シェフの社会的地位をもっと向上させることができると思うんです。前線で戦っているシェフにもっとスポットライトが当たる世界にいつかしたいです」。そうしたメッセージも伝えていくためにも、日々の努力を怠らない。

また、最近は環境問題にも意識を傾け、食材の自給自足のサイクルを実現できるシステムを構想しているそう。

「料理がもっとうまくなりたいし、いつまでもプレーヤーでいたいです」と笑顔を見せてくれた島野さんの、未来を見つめる眼差しは輝きに満ちている。

 

 

島野雄さん
「Mifune New York」エグゼクティブシェフ

来米年: 2017年
出身地: 兵庫県
好きなもの・こと: 食べ歩き、映画鑑賞
特技: サッカー

2002年、辻調理師専門学校卒業。
03年、フランス・カンヌの2ツ星レストラン「La Villa des Lys」などで研修。
その後、パリの三ツ星レストラン「Guy Savoy」でシェフ・ド・パルティーを務める。
17年に来米後、「Mifune New York」のオープンと同時にエグゼクティブシェフに就任。
Instagram: @yuushimano

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!