ネクスト!

ミュージシャン、作曲家:乾帆奈(いぬい・はんな)さん

ニューヨークで奮闘する日本人たち。その新しい発想、夢に向かって走る姿は、私たちを常に刺激する。今、輝いている新人に熱い思いを語ってもらい、また推薦者からの応援メッセージも聞く。


小さい頃から音楽は身近なものでしたか?

3歳からリトミックのクラスに通っていたので、音によるイメージを学んだり、楽譜の読み方もわかるようになっていました。小学校3年生の頃から父親とアマチュアオーケストラに所属して、父親はチェロ、私はバイオリンを演奏していて楽しかったです。私は感情を表に出すのが苦手だったので、音楽は「居心地のいいところ」でした。

高校のビッグバンドでジャズに出会ってから、ずるずるとその世界に入っていきました。もっと学びたいと思うようになり、留学も考えるようになりました。

来米のきっかけは?

国立音楽在学中にジャズのワークショップに参加した時、ニューヨークのピアニストが何人かいて、彼らの雰囲気や音楽の作り方がすごくしっくり来ました。今みんなが出せる音を使って、どんなおもしろいものができるかという姿勢がポジティブでかっこよく、私もこんな人たちがいる場所にいたいと、卒業後すぐニューヨークに留学しました。

ニューヨークで大変だった経験は?

大学時代は、みんなで夜中の2時まで練習してからライブハウスで朝4時までジャムセッションし、帰宅後また9時の授業に出席してというすごいテンションの日々で楽しかったです。

でも半年ほど経った頃に、一気に疲れて心がダメになってしゃべれなくなってしまいました。日本でも時々うつの兆候はあったんですが、今までないがしろにしていたことが出てきたんだと思います。嫌だと思っても人に言えなかったことが、ようやく今は「これはおかしいのでは」と、ちゃんと人に説明できるようになりました。でも音楽をやっていると、今でも決められた型にはまり切れなくてつらい時があります。

現在はどんな毎日を送っていますか?

毎朝ピアノで基礎練習を行った後、いろいろな曲を聞いてリサーチします。昔から発見したことをノートに書き込んだり資料を貼っていて、ずっと続けています。また、オンラインでダンスのレッスンも受けています。体の動きのつながりが音楽を作る練習と似ているので勉強になります。

今は知り合いから演劇用の編曲とピアノ演奏を頼まれて、それを作っているので忙しくしています。

今後チャレンジしたいことはありますか?

4月に生音と電子楽器で構成したライブ演奏会を行ったのですが、クラウドファンディングで資金を集めてまたやりたいです。

ニューヨークには素敵な音楽がたくさんあるので、もっと吸収しつつ自分からも発信していきたいです。今までの音楽の在り方ではない、新しいライブ演奏の形の楽曲や演奏機会を増やしたいです。私の音楽を聞いた後に、みんなが「なんだろう、これ?」と思うような、ちょっとヘンテコな音楽を提供したいです。もっとぐちゃぐちゃな、もっと意味わからない音の世界を作っていきたいですね(笑)

 

 

 

 

乾帆奈さん

東京都出身。
国立音楽大学音楽学部を2018年に卒業後、来米。ニュースクール音楽学部ジャズ科に入学。
現在フリーランスで活動。
今年4月に実験音楽を初公演。
hanna-inui.com


 

『新人の日常チェック!』
彼らは日常をどうやって過ごしているのか。仕事場、オフの姿を追う。

 

ブルックリンのアートギャラリーで開催した、4人編成のアンサンブル「Quiet Quartet」による実験音楽の初公演

 

ニュースクールで行ったベーシストの友人のリサイタルに乾さんも参加した

 

コロナ禍に始めたリモートでのコンテンポラリーダンスのレッスンを継続しているという

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。