4月15日(木)が申請締め切り 今から学ぶタックスリターンの基礎知識

期間限定掲載! 米国版・確定申告の季節が今年も到来だ。初めてトライする人は、基礎知識を身に付けてから専門家に相談しよう。

監修=尾崎真由美/尾崎真由美会計事務所(1040me.com)


タックスリターン(tax return)とは

・申告締め切り=2021年4月15日(木)

・申告先=米国税務省(IRS)および自身の住んでいる州または市

・対象者=米国内で所得がある全ての人

日本でいう確定申告のこと。過払いの税金を払い戻す、あるいは不足分を納税することで、追徴税や罰金を防ぐ。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、締め切りが延長されたので、今回もイレギュラー事態の発生には注意したい。市民権や在住ステータスにかかわらず、米国内で所得がある人には申告義務が発生する。ただし、一部のF(学生)・J(インターン)ビザなどの保持者は、除外されるケースもある。

国税局の指定した書類を用意して自分で申請することも可能だが、専門知識が必要なので、会計ソフトウエアやオンライン代行サービスを利用するか、専門家である会計士・税理士に依頼する人が多い。

万一締め切りを過ぎてしまった場合は、IRSよりペナルティーが科せられる恐れがある。遅延期間分だけ利子が算出され、増税される可能性があるので、早めに会計士・税理士に相談を。なおケース・バイ・ケースだが、納税義務がある限り、最大3年分さかのぼって申請することが可能だ。

申請に必要なもの

・SSN(Social Security Number)

・Form W-2

米国で就労している人が対象のため、社会保障番号ことSSNは持っていることが大前提。新たに米国にやって来た人は、社会保障事務局に申請し、取得しよう。

ただし、就労ビザの配偶者・扶養者などで、SSNを持っていない状態で所得を得ている人は、移民局(IRS)が管理するITIN(Individual Taxpayer Identification Number)こと個人用納税者識別番号を申請することになる。

昨年春からのコロナ禍では、社会保障局とIRSが業務を臨時停止してしまい、どちらの番号も入手できなかったケースが多発していた。現在もなお取得できていない場合は、会計士・税理士に個別に確認しよう。

Form W-2は勤務先の企業から送付される書類で、1年間の収入と源泉徴収について記されている。万が一、紛失した場合は発行元の企業に対し、再発行を申請しよう。一方、フリーランスや業務委託の形態で就労している場合は、Form1099と呼ばれるものがW-2の代わりに発行されるので、こちらを使用して申告しよう。

控除・クレジット

控除(deduction)は諸経費を申告して収入から差し引き、かかる税金を抑える制度を指す。交通費や、仕事に必要な機材の購入費だけでなく、慈善事業団体への寄付、そして収入の10%以上の金額がかかった認可済み医療費なども控除に該当する。

一方、クレジットと呼ばれるものもあり、こちらは税金そのものを減額できる制度。高等教育の学費(最大2000ドル)、米国外での収入にかかる所得税、燃料電池自動車などが主に挙げられる。上限額があるが、控除と併用して申請される。

コロナ禍での各種保障

失業保険(Unemployment Insurance Benefit)は所得扱いとなり、課税対象だ。確定申告でしっかり手続きを行おう。自身の在住州から送られてくる、Form 1099-Gに詳細が記載されている。

2020年度はコロナ禍で失業者が激増し、失業保険の申請についての相談も殺到すると考えられる。専門家に相談を検討する際は、お早めに。

なお、米国政府から昨年、年間所得額が一定以下の個人・世帯に、給付金(Stimulus Check)が計2回支払われたが、こちらは所得とは別に考えられているので、今回の課税対象には入っていない。

転職・転居の場合

複数の企業から収入を得ていたり、20年中に転職した場合、全ての企業が発行したForm W-2(あるいはForm1099)が必要となる。

また、20年内に引っ越しを行い、別の市・州に転居した場合は、それぞれの市・州で申請が必要となるので注意。日本に永久帰国した際も、その1年間に所得があったのなら申請の必要がある。

自身で海外から申請手続きを行う場合はオンラインで可能。また、多くの会計士・税理士が、国外からの相談を受け付けている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1099

元祖ソウルフード ピザ魅力

「アメリカらしさ」「ニューヨークらしさ」が揺らいでも、ピザのうまさは揺らがない。ピザ激戦区・ニューヨークでも「名店」とうたわれる店を食べ比べて、その奥深さに思いをはせてみよう 。

Vol. 1098

春ファッションが楽しくなる かわいい小物にくびったけ!

いよいよ春が到来! 不安の尽きない日々だけど、お気に入りファッションに身を包めば自然と気分もアップするはず。トレンドの小物を取り入れて、今ならではの春ファッションをエンジョイしよう!

Vol. 1097

まだまだ不安の多い時代だからこそ

今すぐ実践 ストレス解消法を一挙紹介!

春の気配とワクチンの普及を感じながらも、まだまだ続く寒さとコロナによって、閉塞感や不安を抱えている人が増えている。身近に手軽にできるものから、ちょっと足を伸ばして行えるストレス解消法までを一挙ご紹介。ストレスを手放し、心身共に健康な状態で春を迎えよう!

Vol. 1096

屋内飲食が本格スタート!市内飲食店の今

予想以上に苦境が続く、ニューヨーク市内の飲食業。屋内営業の現状はどのようなものだろう?