ニューヨーク仕事人名鑑 #6 佐竹香里さん

困難に立ち向かい、今を全力で生きる日本人ビジネスパーソン。名刺交換しただけでは見えてこない、彼らの「仕事の流儀」を取材します。

※これまでのビジネスインタビューのアーカイブは、nyjapion.comで読めます。


「まつ毛エクステのない顔は、私にとって、『さび』抜きのおすしみたいなものです」

 そう屈託なく笑う佐竹香里さんは、初めてエクステを付けた約10年前の感動を、昨日のことのように覚えている。久々に帰国した日本で、ちょうどはやり始めていたエクステの存在を教えてもらったのがきっかけ。たった1部位の施術で、化粧なしの顔がパッと華やいだのは衝撃だった。

 エクステの世界にのめり込んだ佐竹さんは、いくつもの専門学校で講習を受け、「どうせなら商売にしよう」と一念発起。2011年に、ウェストチェスター郡スカースデールで「サロン・ド・ラッシュ」と「NYアイラッシュ・エクステンション・スクール」を開いた。

 「まつ毛エクステって中毒性があるんですよ。体験する側も、施術する側も」

必要なのは、ワクワクする心

 まつ毛エクステの世界は少々特殊だ。ニューヨーク州発行の美容ライセンス取得が必須だが、そのライセンスの勉強内容には、まつ毛エクステは含まれていない。自分で勉強をして経験を積み、技術を磨くのみ。そこで、良いと思ったことを人と共有するのが好きだという佐竹さんは、自分でスクールを始めることにしたのだ。

 スクールでは、自身が所属する日本まつ毛エクステ協会のノウハウを教える。衛生管理や細かな技術を、最大5週間かけてみっちりたたき込む。

 「収入目的にサロンを始めるのは歓迎ですが、とりあえず1回でも自分でエクステを試して、その感動を知ってもらうことが入学条件。自分がワクワクする施術でないと!」

 その代わり、一度「エクステ愛」に目覚めた生徒へのバックアップ体制は完璧。必要ならば夜中の電話質問でも大歓迎だという。

マルチタスクの先にある大切なもの

 日系企業で働きながら、サロンとスクールを運営する日々を送っていた佐竹さん。しかし新型コロナのパンデミックでは、サロンとスクールが臨時休業に。そこでふと「走り続けた自分」に目を向け、考えるようになったという。

 「自分は何をしているのかを考え直すと、無駄な時間がたくさん見つかり、時間は作れるのだと気付いたんです」

 いつか始めたいと思いながら自宅でほこりをかぶっていた、パン調理のレシピ本を引っ張り出して、あんパン作りをスタート。これが好評ではまってしまい、気が付けば19歳の息子と共に生地をこねる日々。16歳の娘と愛犬を入れて、家族で過ごす時間も増えた。「走り続けてしまう」自分が、家族のあり方を見つめ直した2020年だったという。

 サロンの顧客には、経済面で諦めたり、外出が減少したことで利用を中断した人も少なくない。これまで地元のセレブ主婦をターゲットにして来たが、異なる層のターゲット獲得に向けても動き出してみたいと、佐竹さんは話す。

 「もう少し安い価格設定で、少なめの本数のプランを打ち出してみようかと。そういった動きを嫌う既存のお客さまもいるかもしれませんが、何か新しく始めてみるしかない」

 さて、次はどんな人が、佐竹さんの「エクステ愛」を受け取るのだろうか。

 

 

 

佐竹香里さん
「The Salon de Lash」代表

来米年: 1996
出身地: 千葉県松戸市
好きなもの・こと: 料理
特技: マルチタスク
結婚を機に来米。日系企業で働く傍ら、ニューヨーク州美容ライセンスを取得し、2011年にスカースデールで、まつ毛エクステ専門サロン「The Salond de Lash」とスクール「NY Eyelash Extension School」をスタート。予約はオンラインから。
thesalondelash.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。