【対談】ダンサー・草島叶実さん x ミュージシャン・入潮浩太郎さん 「ストリートパフォーマンスの魅力」

パンデミックの中、公園でパフォーマンスを続ける、ダンサーの草島叶実さんとミュージシャンの入潮浩太郎さんが語り合った。

■□■

出会ったきっかけは?

入潮 2018年の夏に、叶実ちゃんの友達が主催するイベントのパーティーで会ったのが最初で、その後、僕が19年から始めた「ヨセマイク」というオープン・マイク・イベントに、たまに参加してくれていました。

草島 昨年大学を卒業後、パンデミック中にアップステートからクイーンズ区に引っ越しましたが、最初の数カ月は大変でした。そんな時に浩太郎さんがいろいろアドバイスをくださって、すごく助けられました。

入潮 僕も大学を卒業した時、ビザのことなどで先輩に助けてもらったので、今度は僕が次の世代につなげていけたら、という思いでした。

ストリートパフォーマンスを始めた経緯は?

草島 オンライン公演はやっていましたが、ストリートでやりたいと思い始めて、昨年9月にワシントン・スクエア・パークで、初めて1人でやりました。そこでピノキヲさんというアーティストと知り合い、一緒にやるようになりました。それを浩太郎さんが見に来てくださって3人でやるようになり、ピノキヲさんが帰国後も2人で続けています。

入潮 僕もオンラインではやっていましたが、ライブでやりたいという気持ちが高まっていたので、参加させてもらいました。

どんな内容ですか?

草島 私は地面に敷いた紙に、墨で即興でペイントしながら踊り、浩太郎さんが即興でギターを弾いてくれます。

入潮 事前に何も決めてなくて、僕がなんとなく弾き出すと、叶実ちゃんがなんとなく踊り始める感じ。

草島 雨の直後で地面が滑りやすければ踊り方を調整するし、終わるタイミングで人が囲んでくれていたら「もうちょっとやるか」となるし。状況に合わせてその瞬間を楽しんでいます。

ステージとストリートの違いとは?

入潮 ライブハウスでの演奏は、お客さんが僕の音楽を聞きに来てくれるのが前提ですが、ストリートは何も予期しないところから始まっている。その違いが一番大きいです。音楽を聞く気もないかもしれない、通りすがりの人たちに伝えたいという気持ちは、ステージでやる時よりも強いです。

草島 劇場に来るお客さんはダンスを作品として見るので、振り付けや曲も決まっていることがほとんどで、作り込まれたダンスを見せる機会が多い。ストリートでは、気持ちに届けることの方が大きいです。

いわゆる「投げ銭(ドネーション)」は、どのように受け止めていますか?

草島 私は踊らないと生きていけないので、「じゃあ(舞台に立てない今は)公園で踊ったらみんなにも楽しんでもらえる」という感じでやっています。ドネーションはみんなからのサンクスレターだと思っていて、そのドル札1枚1枚に「ありがとう」と書いてあるような気がします。

入潮 ある時ホームレスと思われるおっちゃんがずっと見てくれていたんですが、演奏を終えると、震える手でクシャクシャの1ドル札を箱に入れてくださったんです。彼にとっては多分すごく価値のある1ドルを、僕たちのパフォーマンスを見て入れてくれたという行為に、とてつもない意味と価値を感じました。

 雨に濡れた1ドル札が集まっている日には、「こんな大変な状況でも足を止めてくれる人がいるんだ」という感動が味わえる。そんな、お金で買えない経験ができることに一番意味を感じます。

これからもストリートパフォーマンスは続けていく予定ですか?

草島 こんな状況下なので、先のことを全部決めようと考えなくなりました。今はもっと続けていきたいですが、先のことはちょっと分からないです。

入潮 人前で演奏しないと悶々(もんもん)としてしまうので、ライブハウスで演奏できるようになるまで続けていけたらと思います。

 

お金で買えない経験ができることに意味を感じる —入潮

ストリートでは、気持ちに届けることの方が大きい —草島

入潮浩太郎
大阪府出身。2012年に単身ミズーリ州に来米後、14年にCity College of New York編入。16年にロックバンド「Nihil Admirari」結成。19年に「yosemic」を立ち上げ、オープン・マイク・イベントの企画・運営を行う。20年からソロ活動「Osaka Vagabond」開始。Instagram: @osaka_vagabond

草島叶実
北海道生まれ。6歳より湯原園子モダンバレエスタジオにてダンスを始める。埼玉全国舞踊コンクールでテレビ埼玉賞、奨励賞受賞。2016年に来米し、SUNY Purchase Collageダンス学部に入学。20年、最優等で卒業。今年2月から、さくらラジオの新番組に入潮さんと一緒に出演中。Instagram: @lethairdown

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。