ニューヨーク仕事人名鑑

ニューヨーク仕事人名鑑 #5 北村早紀さん

困難に立ち向かい、今を全力で生きる日本人ビジネスパーソン。名刺交換しただけでは見えてこない、彼らの「仕事の流儀」を取材します。

※これまでのビジネスインタビューのアーカイブは、nyjapion.comで読めます。


旅行が趣味の北村早紀さんは、東京の大学を卒業後、地元・福岡の銀行に就職。3年ほど勤めた後、自分の希望する業務に就く見通しが立たず、違うことをやってみようと一念発起した。転職サイトを眺めていると、「旅行業」「アメリカ」の文字が並ぶ採用枠を発見。

「『旅行の仕事ができるなんて!』 と喜んで応募したのが、今の会社だったんです」

業界も業種も全く異なり、アメリカでの在住経験はゼロ、英語も自信なし。それでもためらいなく応募し、見事採用された。出会う人に恵まれ続けて、ニューヨークでの生活は4年目に入った。

「運が良いんです」と北村さんは笑う。

顧客に「思い出してもらう」ために

オペレーション業務として、航空券やホテル、レンタカーの手配など、旅行業の基礎から勉強をスタート。1年半後に念願の営業課に異動した。信頼を得た顧客を抱え、業務を本格スタートさせた矢先に、パンデミックが起きた。

営業は顧客の声に耳を傾け、少しでも満足度の高い旅行プランを提案することが重要。「漠然とした希望には需要を聞き出し、予測を見通す力や応用して考える力が必要だと思っています」と北村さん。そうして考えた、コロナ禍での今「やるべきこと」が、「お客さまに覚えていてもらうこと」だった。

北村さんは、これまで隔週で送っていた、自作のニュースレターに一層注力することにした。現在の出入国規制やフライトの最新動向を、自分でまとめて顧客に発信。反響がよく、自分の言葉・目線で伝えることの重要さ、そして「人々が情報を求めている」という事実を実感じた。

7月ごろからは旅行愛がうずき、「安全に配慮しながら旅行はできないだろうか」と、レンタカーや電車を駆使したニューヨーク近郊での旅行をスタート。ロングアイランドのワイナリー、冬のリゾート地キャッツキル、カジノで有名なアトランティックシティーなどを巡った。

プライベートの旅行だが、見たもの・感じたことをニュースレターで発信すると、「今度行ってみます」「ためになった」と、うれしいリアクションが返ってきた。「こんな時に旅行なんて」という怒りの声を覚悟していただけに、人々が息抜きを求めていることを改めて知ったという。

挑戦は始まったばかり

新型コロナで打撃を受けた旅行業だが、「どこかに旅行したいという人々の欲はなくならない。絶対に元に戻ると思っています」と北村さん。悲観しない代わりに、今できること、誰もやっていない新しいことを模索している。社内で分担し、オンラインでの無料セミナーやインスタグラムでのライブ配信もこなす日々だ。

「会社が一丸となって団結しているのを感じます。元から目標や希望を持ち続ければ、実現に向けて働き掛けてくれる会社であるのに加え、今は若手の意見も受け入れられやすく、やりがいを感じています」

パンデミックで実働が長らく難しかった、念願の営業ポジション。北村さんの本格的な挑戦の日々は、まさにこれから始まる。

 

 

 

北村早紀さん
「Amnet New York, Inc」東海岸地区営業担当

来米年: 2017
出身地: 福岡県
好きなもの・こと: 旅行
特技: 人と話すこと
早稲田大学卒業後、福岡県内での銀行勤務を経て2017年に来米。オペレーション業務を経て、19年6月より現職。最新の出入国規制の情報や、航空券情報は、ウェブサイトおよび公式LINEアカウントから情報発信中。いずれも詳しくはウェブサイト参照。
amnet-usa.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。