捜査官と銃撃戦に 指名手配犯は死亡 <ブロンクス>

ブロンクス区ウェイクフィールド地区のアパートで4日早朝、マサチューセッツ州から武器を持って逃亡して来た男と捜査官の間で銃撃戦が起き、連邦保安官2人が撃たれ、NYPDの刑事1人が負傷した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

ニューヨーク・ニュージャージー州の地域逃亡犯担当保安官とNYPDの警官複数は、交通違反取り締まり中のマサチューセッツ州警察官の手を撃って指名手配されていた、アンドレ・スターリング容疑者の行方を捜索。容疑者の潜伏場所とみられる同地区のアパートに午前5時半ごろ向かったところ、誰かがドアを開けた後、容疑者が部屋から出てきて発砲し始めたという。5人の連邦保安官が応戦し、容疑者は現場で死亡。容疑者の死体の下から拳銃一丁が発見されたが、州警察官を撃った銃と同じかどうかは不明。

NYPDの刑事1人は、銃撃された連邦保安官を助けている際に足に負傷したが、銃撃は受けなかった。

関連記事

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられ

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。