グローバル時代の子育て

その83 習い事をやめたい! と子どもが言った時

「続けること」が習い事の最大の優先事項です。目標としては10年間です。10年間以上続けることで、その結果はどうあれ、子どもは「一つのことを本気でやり抜いた」という自信を獲得できるのです。この自信は、子どもがその先の挫折経験を乗り越える時に大いに役立ちます。

しかしながら、10年という期間を目標とすると、習い事をする中で子どもは十中八九「やめたい」と言い出すタイミングがあります。ですが、簡単にやめさせてはいけません。

 これは根性論ではなく、「やめる」という選択は子どもにとっての「失敗体験」になるからです。

スタートダッシュをうまく切れると、自主的に挑戦を始める

最初は喜んで通っていた習い事でも、少し経つと「もうやりたくない!」「やめたい!」と多くの子どもが言い出します。なぜでしょうか? それは「うまくできないから」です。

うまくできないことをやるのは、誰にとっても楽しくないのです。例えば、全く泳げない子どもをスイミングスクールに入れても嫌な経験、挫折感を味わうだけです。その失敗体験が「自分は泳げない」「運動ができない」といった認識につながってしまうのです。

いきなりポンと放り込むのではなく、まずは家庭でストロークの方法、息継ぎのタイミング、飛び込みのコツを教えてあげてから教室に入り、スタートダッシュを切らせるのが最良の方法です。

小学校時代であれば、夏休みに毎日プールに通って水泳の練習をすることで、確実に周りの子どもたちよりも突き抜けることができます。毎日付き合うのは大変ですが、特に最初の成功体験は重要で、コツコツと努力を継続し、結果を出すという経験が「自主的に努力する」というやる気につながっていきます。

やめさせるべきなのは、子どもにやる気が完全にない場合

子どもがうまくできずに「もうやめたい!」「自分には無理!」と言い出した際は、冷静に子どもの「技能」と「やる気」を見極めることが重要です。その習い事が明らかに子どもに向いていないと感じる場合は、早い段階でやめるのも一つの手です。

子どもが嫌な思いを繰り返す中では、当然自信も強みも育ちません。親が根気強く練習に付き合い、場合によってはプロのコーチなどの手を借りて、それでも上達の可能性がないのであれば、子どもにとっては失敗体験の積み重ねになり、苦痛なだけです。やる気が残っていればいいですが、そうでなければやめる選択も必要でしょう。

子どもにやめるか否かを選択させる

子どもが自分で選んだ習い事をやめたいと言ってきた場合は、子どもに「選択」を促します。「自分が選んだことをやめるのは悔しいね。それでもやめる?  それとも、もう少し努力してみる? 自分でよく考えて決めていいよ」と伝えて「やめる理由」を真剣に考えてもらうのです。

よくあるケースは、(本人の希望は抜きに)親の希望で始めさせた、というパターンで、この場合は親の選択ミスだったことを素直に子どもに詫びます。「やりたくないことを勝手に選んでごめんなさい! これからはあなたの考えを尊重します」そう言ってあげてください。そうすれば、子どもはやめることが傷にならないですみます。

チームメートとうまくいかない場合

子どもがチームメートや指導者との相性が悪い、人間関係が原因で習い事をやめたいと言っている場合、そのチームをやめても習い事自体はやめてはいけません。例えば、スポーツであれば他のチームを探したり、隣町のチームに入れることを考慮してください。習い事はいかに継続させるかがもっとも重要であり「続けてもらうために親がどうサポートできるか」にかかっているのです。

 

 

 

 

船津徹 (ふなつ・とおる)

TLC for Kids代表 教育コンサルタント

1990年明治大学経営学部卒業。大学卒業後、金融会社勤務を経て幼児教育の権威、七田眞氏に師事。
しちだ式教材制作に従事。2001年ハワイ州ホノルルにてグローバル教育を行う学習塾
TLC for Kidsを開設。
2015年に
TLC for Kidsカリフォルニア州トーランス校開設。2017年上海校開設。
アジア諸国からの移民子弟を中心に4000名以上のバイリンガルの子どもの教育に携わる。
イエール大学、ペンシルバニア大学など米国のトップ大学への合格者を多数輩出。
著書に「すべての子どもは天才になれる、親(あなた)の行動で。」(ダイヤモンド社)、「世界で活躍する子の〈英語力〉の育て方」(大和書房)。

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1226

寒い日にお家で食べたい袋麺はコレだ!!

寒くて長いニューヨークの冬は温かいスープと麺でも啜りたくなる季節だ。しかし寒い時の外食は避けたいもの。そんな時は自宅で手頃に食べられて身体を温められるインスタントラーメンはいかが? 今回は知られざるインスタント麺の誕生秘話からアレンジレシピまで紹介。

Vol. 1225

これが噂のウェグマンズ

この秋ニューヨークの最大の話題といえば、先月オープンした「ウェグマンズ」のアスタープレース店をおいて他にない。人気全米一の栄誉に輝く地元密着型スーパーだが、今までネイビーヤードに店舗があっただけで、その実態がよく知られていなかった。ところが、ここにきて売り場総面積8万7000平方フィートのフルサイズ店上陸である。抜群に鮮度のよい青果類と最高級の精肉。デリカも充実。しかも店内には日本の「魚屋さん」もあるとか。徹底解剖してみる。