古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

ブルックリン美術館もついに再開

ブルックリンのガイドブックの著者が、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介する当コラム。新型コロナウイルスによる経済活動再開後は「番外編」として状況をアップデートします。今週はプロスペクトハイツのブルックリン美術館です。


Brooklyn Museum(ブルックリン美術館)

新型コロナの影響で3月以降閉鎖していた、市内の美術館や博物館。市はこれまで慎重に再開日を検討してきましたが、9月に入り、次々に営業を再開しています。

「JR: Chronicles展」開催

ブルックリン美術館も6カ月の時を経て、9月12日にいよいよ再開の運びとなりました。初日は「Outdoor Reopening Celebration」と題したイベントを開催。スティールパン・パフォーマーのPan in Motionなどを迎え、地元の人々と共に盛大に再開を祝いました。

再開後の特別展示で私の興味を引いたのは、フランス人写真家&パブリックアーティスト、JRによる「JR: Chronicles」展です。JRは社会的弱者である貧困層の人々や移民、シニア層の一般市民などに焦点を当て、ポートレート写真を撮影して壁画にしたりしています。

その他、1000人以上のニューヨーカーを描いた、壮大な壁画「The Chronicles of New York City」も必見。人々が今でいう「密」状態でコラージュされ、それぞれの人生や物語を映し出した作品です。

米国とメキシコの国境で、共にピクニックを開催した作品や映像も興味深かったです。

新型コロナ対策で、タッチパネルはすべて排除されていますが、アプリをダウンロードすれば音声録音を聞くことができます(館内にQRコードあり)。

 

半年ぶりに再開したブルックリン美術館。2015年の登場以来、ブルックリン内を巡回しているパブリックアートの彫刻「OY/YO」(Deborah Kass作)が出迎えてくれる

 

芸術に触れる感謝

1、5階のみが再開中で、入場人数の管理も行っているので、館内は混んでいません。カフェはまだ閉鎖中ですが、UV‒C技術を導入した、99・9%殺菌可能な自動販売機「VICKI」があります(世界初の、自動小売セルフチェックアウトとのこと)。

密を避けるために時間制で発券されるので、チケットは必ず事前にオンラインで購入のこと。当然ですがマスク着用も忘れずに。

パンデミック以来、初めて文化的価値の高い場所に足を運びました。以前は当たり前にできた芸術への触れ合いが制限されたのは、かなりストレスでしたが、この「当たり前だったことをできること」への感謝の心が芽生えたのでした。

 

再開初日は「Outdoor Reopening Celebration」と題し、コミュニティー向けにさまざまなアートや音楽イベントを広場で無料開催した

 

ミュージアムショップにはトートバッグ(35ドル)など可愛いものが豊富。再開記念で全商品25%オフ

 

フランス人パブリックアーティストによる「JR: Chronicles」展は見応えあり

 

 

All Photos © Kasumi Abe

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!