古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

NY・ブルックリン 週末の歩行者天国が人気

ブルックリンのガイドブックの著者が、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介する当コラム。新型コロナウイルスによる経済活動再開後は「番外編」として状況をアップデートします。今号は週末のプロスペクトハイツの歩行者天国を紹介。


Vanderbilt Ave.(ヴァンダービルトアベニュー編)

ウイズコロナの時代になって、さまざまなニューノーマルが生まれています。

ニューヨーク市内の経済活動再開がフェーズ2となった6月22日以降、飲食店やバーは屋外スペースのみ営業可となりました。これに加えて、市は新たな施策を打ち立てました。

その新施策とは、飲食店へのスペース開放のための「週末の車道開放&歩行者天国」です。市内の全62ストリートが、金曜の午後5時〜11時と土・日曜の正午〜午後11時に、飲食店と歩行者のために開放され活気付いています。

プロスペクトハイツもその一つ。家族層に好まれる、落ち着いた住宅街です。近くには広大なプロスペクトパークやグランドアーミープラザをはじめ、ブルックリン美術館、ブルックリン植物園、バークレーズセンター、ブルックリン図書館など、文化的価値の高いスポットが点在しています。

 

週末、歩行者天国になったヴァンダービルトアベニュー。道路の真ん中にもテーブルが並んでいる。犬を散歩させる人や自転車を走らせる人もたくさんいた

 

人気店が並ぶ
目抜き通り

グランドアーミープラザに続く大通りのため、いつもは交通量の多い目抜き通りのヴァンダービルトアベニュー。週末は、パシフィックストリートとパークプレースの間が車両通行止めとなって、飲食店のテーブルが道路に並び、多くの人々が行き交っています。

この通りは、昔からあるバーやヴィンテージ店などの他、週末は行列ができるアイスクリーム店「Ample Hills」や、アメリカ人によるラーメン店開業ブームの火付け役「Chuko」など、さまざまな人気店が軒を並べる通りです。

その中でも今週は2店紹介しましょう。一つは「Olmsted」。高級フレンチ「Per Se」で腕を磨いたオーナーの店で、裏庭で育てた新鮮な野菜を使ったファーム・トゥ・テーブル料理が自慢です。

再開後はカクテル、手作りジャム、卵や肉、パンなどもオンライン上で注文できるようになりました。

散歩の休憩には「Mille-Feuille Bakery Cafe」がおすすめ。フランス出身のシェフが営む市内3店のうちの一つで、フランスの香りとアメリカの素朴さが組み合わさったペーストリーが並びます。「La Colombe」の豆を使ったアイスコーヒーもおいしいです!

 

「Olmsted」のハマグリ料理(16ドル)。メニューは定期的に変わる

 

ヴァンダービルトアベニューの平日の様子

 

「Mille-Feuille」のレモンチーズケーキ(6.9ドル)とアップルソース入りのパイ(4.15ドル)

 

 

All Photos © Kasumi Abe

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。