古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

NY・ブルックリン 週末の歩行者天国が人気

ブルックリンのガイドブックの著者が、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介する当コラム。新型コロナウイルスによる経済活動再開後は「番外編」として状況をアップデートします。今号は週末のプロスペクトハイツの歩行者天国を紹介。


Vanderbilt Ave.(ヴァンダービルトアベニュー編)

ウイズコロナの時代になって、さまざまなニューノーマルが生まれています。

ニューヨーク市内の経済活動再開がフェーズ2となった6月22日以降、飲食店やバーは屋外スペースのみ営業可となりました。これに加えて、市は新たな施策を打ち立てました。

その新施策とは、飲食店へのスペース開放のための「週末の車道開放&歩行者天国」です。市内の全62ストリートが、金曜の午後5時〜11時と土・日曜の正午〜午後11時に、飲食店と歩行者のために開放され活気付いています。

プロスペクトハイツもその一つ。家族層に好まれる、落ち着いた住宅街です。近くには広大なプロスペクトパークやグランドアーミープラザをはじめ、ブルックリン美術館、ブルックリン植物園、バークレーズセンター、ブルックリン図書館など、文化的価値の高いスポットが点在しています。

 

週末、歩行者天国になったヴァンダービルトアベニュー。道路の真ん中にもテーブルが並んでいる。犬を散歩させる人や自転車を走らせる人もたくさんいた

 

人気店が並ぶ
目抜き通り

グランドアーミープラザに続く大通りのため、いつもは交通量の多い目抜き通りのヴァンダービルトアベニュー。週末は、パシフィックストリートとパークプレースの間が車両通行止めとなって、飲食店のテーブルが道路に並び、多くの人々が行き交っています。

この通りは、昔からあるバーやヴィンテージ店などの他、週末は行列ができるアイスクリーム店「Ample Hills」や、アメリカ人によるラーメン店開業ブームの火付け役「Chuko」など、さまざまな人気店が軒を並べる通りです。

その中でも今週は2店紹介しましょう。一つは「Olmsted」。高級フレンチ「Per Se」で腕を磨いたオーナーの店で、裏庭で育てた新鮮な野菜を使ったファーム・トゥ・テーブル料理が自慢です。

再開後はカクテル、手作りジャム、卵や肉、パンなどもオンライン上で注文できるようになりました。

散歩の休憩には「Mille-Feuille Bakery Cafe」がおすすめ。フランス出身のシェフが営む市内3店のうちの一つで、フランスの香りとアメリカの素朴さが組み合わさったペーストリーが並びます。「La Colombe」の豆を使ったアイスコーヒーもおいしいです!

 

「Olmsted」のハマグリ料理(16ドル)。メニューは定期的に変わる

 

ヴァンダービルトアベニューの平日の様子

 

「Mille-Feuille」のレモンチーズケーキ(6.9ドル)とアップルソース入りのパイ(4.15ドル)

 

 

All Photos © Kasumi Abe

 

 

関連記事

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられ

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。