NYで活躍するダンサー・大野葵さんにインタビュー「私はずっと踊っていくんだ」

ニューヨークで奮闘する日本人たち。その新しい発想、夢に向かって走る姿は、私たちを常に刺激する。今、輝いている新人に熱い思いを語ってもらい、また推薦者からの応援メッセージも聞く。


ダンスを始めたのはいつですか?

3歳の時、地元のバレエ教室の発表会で見た「ピーターと狼」の猫のお姉さん役に憧れて始めました。

以来ずっとバレエをやっていましたが、姉が通う高校の芸術科の文化祭でマルチメディア系のショーを見て、自分もやってみたくなり、入学してパフォーマンスグループに所属しました。プロジェクションマッピングとマルチメディア・パフォーマンスをやっていました。

卒業後はダンスの道に進んだのですか?

いえ、将来の仕事のことなどを考慮してメイクの専門学校に進みました。ですが、その2カ月後に「これが最後」と決めていたダンス教室の舞台に立った時、「ああ、私はずっと踊っていくんだ」と感じてしまい、すぐダンス科に変わりました。

卒業後は芸能事務所での活動を経て、モダンジャズスタイルのダンサー、稲吉優流(まさる)のアシスタントをしていました。その時にエイリースクールの話を聞いて留学を決め、2014年にオーディションを受けて合格しました。 

学校生活で大変だったことは?

体力的なことが一番きつかったです。1年目はエネルギーがあるので頑張れたんですが、2年目はクラスに加えてショーのリハーサルも入ってくるので、もう体力が持たなかったです。

卒業後の生活は?

どんな作品にもひたすら出演し、プログラムに名前を載せてもらおうと奮闘する日々でした。コネクション作りという目的もあり、友達のショーに無償で出て、作ったビデオを持って大きなカンパニーのオーディションを受けまくり、落とされまくり…。落とされることにはもう慣れましたね(笑)。その頃が一番辛かったです。でも落ちた後で別のオーディションに呼ばれて仕事をもらえることも出てきて、マイナスから脱しました。

現在4カンパニーと契約されていますが、どのように入団したのですか?

アーチバレエの場合は、オーディションを受けたときは何も連絡がなく、その後のリハーサルに呼ばれて入団し、以来毎シーズン契約しています。ジョン・レイラー・ダンスカンパニーは、ワークショップ後にオーディションを受けて、最終的に選ばれました。

思い出深い作品は?

エイリーカンパニーが毎年年末にニューヨーク・シティー・センターで行う公演の中に、学内のオーディションで合格した学生約20人が出演できる大きな作品があり、そこに出演したことです。学生ながら仕事として給与をもらえた、初めての舞台だったので、思い出に残る作品の一つです。

今後やりたいことは?

いろいろありますが、その一つとして、ダンスで海外に出たいけれど、やり方がわからなくて悩んでいるような人たちの相談に乗ったり、日本に帰った時にワークショップをするといった形で、日本の皆さんをサポートできたらいいなと思っています。

 

 

大野葵さん

■神奈川県出身。
2014年に来米。
The Ailey School卒業後、Arch BalletJon Lehrer Dance CompanyBrooklyn BalletBallet Nepantlaで活動中。
Instagram: @aoi_ohno


『新人の日常チェック!』
彼らは日常をどうやって過ごしているのか。仕事場、オフの姿を追う。

 

Brooklyn Balletの「Nutcracker」より「Snow pas de deux(パ・ド・ドゥ)」。同団では2度目のシーズンながら、初幕のメインシーンを任された

 

Jon Lehrer Dance Companyの2019年のフロリダツアーにて、作品「Solstice」の舞台。今のメンバーで作られた最初の作品

 

Jon Lehrer Dance Companyのフロリダツアー中、オフの日にメンバーとプールで記念撮影

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。