古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

再開した新スモーガスバーグ

ブルックリンのガイドブックの著者が、本で書ききれなかったことや、まだまだあるお気に入りスポットを紹介する当コラム。新型コロナウイルスによる経済活動再開移行中は「番外編」をお届けします。今週はウィリアムズバーグの「スモーグ・トゥ・ゴー」の紹介です。


Smorg To Go(スモーグ・ゴー)

スモーガスバーグは誕生から9年、ブルックリンを代表する食文化の一つです。毎回区内各所を巡回しながら開催されてきた屋外フードマーケットですが、新型コロナの流行でしばらくクローズしていました。しかしニューヨーク市内の経済活動再開がフェーズ4となった7月20日、ウィリアムズバーグに戻ってきました。ウィズコロナ仕様「Smorg To Go」として!

10店が週替わり

スモーガスバーグも「Smorg To Go」も屋外には変わりないのですが、「Smorg To Go」は敷地内には入れません。オンラインで予約をして、時間になったら敷地外でテークアウト用に封がされたフードを受け取るスタイルと、感染防止策が徹底しています。

スモーガスバーグは広大な敷地に約100の屋台が週末のみ出店していましたが、「Smorg To Go」はウィリアムズバーグの以前の場所から1ブロック南にある、こぢんまりとした場所で週6日、全10店の屋台が週ごとに変わります(更新日は毎週月曜日)。

オーダーはウェブサイトで簡単にできます。店、フード、ピックアップ時間を選んで、支払いをします。オーダーの準備ができるとテキストメッセージで知らせてくれます。

オーダーしたものは入り口の外側にある棚に並べられるので、そこでテキストメッセージを係員に見せ、ピックアップします。

 

敷地外でのピックアップスタイル。威勢のいい掛け声や来場者のにぎわいはないけど、屋外が気持ちいいこの季節にはありがたい存在

 

近くには広大な公園

米系、南米系、中華、日系など世界中のグルメがそろっています(週による)。私がオーダーしたのは南米系「Voyalo! Cocina」のサンドイッチ。外側がカリッと香ばしいトウモロコシのフラットブレッドに、マヨネーズ味のチキン&アボカドが挟まれていました。

食べる場所は1ブロック先のマーシャ・P・ジョンソン州立公園がおすすめ(まさにスモーガスバーグが以前あった場所)。広大な敷地にテーブルがいくつか置かれていて、人はガラガラ。イースト川とミッドタウンの景色が臨めます。

営業時間は午前11時30分から午後8時まで(月曜日休み)。状況が大きく変わらない限り、10月までこのスタイルだそうです。

 

「Voyalo! Cocina」のArepa Reina Pepiada(チーズ入り、12ドル)

 

予約時間になるとオーダー品は右側の棚に置かれる

 

ここで食べよう! ミッドタウンを一望できるマーシャ・P・ジョンソン(別名イーストリバー)州立公園

 

 

All Photos © Kasumi Abe

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。