古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

再開した新スモーガスバーグ

ブルックリンのガイドブックの著者が、本で書ききれなかったことや、まだまだあるお気に入りスポットを紹介する当コラム。新型コロナウイルスによる経済活動再開移行中は「番外編」をお届けします。今週はウィリアムズバーグの「スモーグ・トゥ・ゴー」の紹介です。


Smorg To Go(スモーグ・ゴー)

スモーガスバーグは誕生から9年、ブルックリンを代表する食文化の一つです。毎回区内各所を巡回しながら開催されてきた屋外フードマーケットですが、新型コロナの流行でしばらくクローズしていました。しかしニューヨーク市内の経済活動再開がフェーズ4となった7月20日、ウィリアムズバーグに戻ってきました。ウィズコロナ仕様「Smorg To Go」として!

10店が週替わり

スモーガスバーグも「Smorg To Go」も屋外には変わりないのですが、「Smorg To Go」は敷地内には入れません。オンラインで予約をして、時間になったら敷地外でテークアウト用に封がされたフードを受け取るスタイルと、感染防止策が徹底しています。

スモーガスバーグは広大な敷地に約100の屋台が週末のみ出店していましたが、「Smorg To Go」はウィリアムズバーグの以前の場所から1ブロック南にある、こぢんまりとした場所で週6日、全10店の屋台が週ごとに変わります(更新日は毎週月曜日)。

オーダーはウェブサイトで簡単にできます。店、フード、ピックアップ時間を選んで、支払いをします。オーダーの準備ができるとテキストメッセージで知らせてくれます。

オーダーしたものは入り口の外側にある棚に並べられるので、そこでテキストメッセージを係員に見せ、ピックアップします。

 

敷地外でのピックアップスタイル。威勢のいい掛け声や来場者のにぎわいはないけど、屋外が気持ちいいこの季節にはありがたい存在

 

近くには広大な公園

米系、南米系、中華、日系など世界中のグルメがそろっています(週による)。私がオーダーしたのは南米系「Voyalo! Cocina」のサンドイッチ。外側がカリッと香ばしいトウモロコシのフラットブレッドに、マヨネーズ味のチキン&アボカドが挟まれていました。

食べる場所は1ブロック先のマーシャ・P・ジョンソン州立公園がおすすめ(まさにスモーガスバーグが以前あった場所)。広大な敷地にテーブルがいくつか置かれていて、人はガラガラ。イースト川とミッドタウンの景色が臨めます。

営業時間は午前11時30分から午後8時まで(月曜日休み)。状況が大きく変わらない限り、10月までこのスタイルだそうです。

 

「Voyalo! Cocina」のArepa Reina Pepiada(チーズ入り、12ドル)

 

予約時間になるとオーダー品は右側の棚に置かれる

 

ここで食べよう! ミッドタウンを一望できるマーシャ・P・ジョンソン(別名イーストリバー)州立公園

 

 

All Photos © Kasumi Abe

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。