古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

再開した新スモーガスバーグ

ブルックリンのガイドブックの著者が、本で書ききれなかったことや、まだまだあるお気に入りスポットを紹介する当コラム。新型コロナウイルスによる経済活動再開移行中は「番外編」をお届けします。今週はウィリアムズバーグの「スモーグ・トゥ・ゴー」の紹介です。


Smorg To Go(スモーグ・ゴー)

スモーガスバーグは誕生から9年、ブルックリンを代表する食文化の一つです。毎回区内各所を巡回しながら開催されてきた屋外フードマーケットですが、新型コロナの流行でしばらくクローズしていました。しかしニューヨーク市内の経済活動再開がフェーズ4となった7月20日、ウィリアムズバーグに戻ってきました。ウィズコロナ仕様「Smorg To Go」として!

10店が週替わり

スモーガスバーグも「Smorg To Go」も屋外には変わりないのですが、「Smorg To Go」は敷地内には入れません。オンラインで予約をして、時間になったら敷地外でテークアウト用に封がされたフードを受け取るスタイルと、感染防止策が徹底しています。

スモーガスバーグは広大な敷地に約100の屋台が週末のみ出店していましたが、「Smorg To Go」はウィリアムズバーグの以前の場所から1ブロック南にある、こぢんまりとした場所で週6日、全10店の屋台が週ごとに変わります(更新日は毎週月曜日)。

オーダーはウェブサイトで簡単にできます。店、フード、ピックアップ時間を選んで、支払いをします。オーダーの準備ができるとテキストメッセージで知らせてくれます。

オーダーしたものは入り口の外側にある棚に並べられるので、そこでテキストメッセージを係員に見せ、ピックアップします。

 

敷地外でのピックアップスタイル。威勢のいい掛け声や来場者のにぎわいはないけど、屋外が気持ちいいこの季節にはありがたい存在

 

近くには広大な公園

米系、南米系、中華、日系など世界中のグルメがそろっています(週による)。私がオーダーしたのは南米系「Voyalo! Cocina」のサンドイッチ。外側がカリッと香ばしいトウモロコシのフラットブレッドに、マヨネーズ味のチキン&アボカドが挟まれていました。

食べる場所は1ブロック先のマーシャ・P・ジョンソン州立公園がおすすめ(まさにスモーガスバーグが以前あった場所)。広大な敷地にテーブルがいくつか置かれていて、人はガラガラ。イースト川とミッドタウンの景色が臨めます。

営業時間は午前11時30分から午後8時まで(月曜日休み)。状況が大きく変わらない限り、10月までこのスタイルだそうです。

 

「Voyalo! Cocina」のArepa Reina Pepiada(チーズ入り、12ドル)

 

予約時間になるとオーダー品は右側の棚に置かれる

 

ここで食べよう! ミッドタウンを一望できるマーシャ・P・ジョンソン(別名イーストリバー)州立公園

 

 

All Photos © Kasumi Abe

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。