古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

海開きした市内のビーチ

ブルックリンのガイドブックの著者が、本で書ききれなかったことや、まだまだあるお気に入りスポットを紹介する当コラム。新型コロナウイルスによる経済活動再開移行中は「番外編」をお届けします。今週は「海開きをした「コニーアイランド」のご紹介です。


Coney Island(コニーアイランド)

ニューヨーク市は、新型コロナ危機の経済再開活動で7月20日にいよいよフェーズ4となり、少しだけ「日常」に戻りました。感染状況を表すデータ(数値)の現状が3、4月の深刻な時期と比べて改善していることから、市は7月1日に海開きをしました。

ビーチは人でいっぱい

1927年完成の木製ジェットコースター「サイクロン」がガタガタゴトゴト…。「通常」は、今にも壊れそうな恐ろしいごう音を立てて稼働しているのですが、時は2020年。パンデミックの影響で閉園したままの遊園地の臨場感は残念ながらナシ。その代わり、人々は失われた外出制限中の時を取り戻すかのように、ビーチで思い思いに楽しんでいます。

ここは市民の定番ビーチリゾート、コニーアイランド。ブルックリン最南端に位置し、マンハッタンから地下鉄で気軽に行けるとあって、特に夏場は海水浴客でにぎわいます。

訪れたのが日曜日だからか、初めは人の多さに驚いたのですが、実際に砂浜に入ってみると、各グループは2メートルほどの距離を置いてビーチマットを敷いていました。

ボードウオークを歩く人はマスク着用率が高かったけど、砂浜で体を焼いたりおしゃべりしている人のほとんどは、マスクをしていません。でもみんな楽しそう!

 

7月1日に海開きしたばかりのコニーアイランド。ソーシャルディスタンシングの告知サインが各所に設けられている

 

ネイサンズもオープン

残念なのは、コニーアイランドのお楽しみの半分である、二つの歴史的な遊園地「ルナパーク」と「デノズ・ワンダーウィール」がどちらもまだ閉園していること。しかし、もう一つの定番は営業再開していました。

1916年創業のホットドッグの老舗、ネイサンズ。あのプリッとした歯触りの、ジューシーなソーセージ入りの名物ホットドッグ、なぜだかここに来たら食べたくなるんですよね〜(ビールやフライと一緒に)。

また、ずっと閉園していた近くの水族館「ニューヨーク・アクアリウム」も7月20日以降に再開予定でしたが、直前に延期となってしまいました。今後の予定はウェブ(nyaquarium.com)を確認してください。

 

ネイサンズの定番ホットドッグ(4.79ドル〜)、チーズフライ(4.29ドル〜)など

 

二つの歴史的な遊園地はまだクローズ中。再開が待たれる!

 

︎イヌはもちろんヘビやオウムなど動物連れの人もよく見掛けた

 

 

All Photos © Kasumi Abe

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1103

奥深い中国茶の世界

今ひそかにブームとなっている中国茶。お茶の発祥の地、中国で生まれた奥深い中国茶を知って、さまざまな香りや味、飲み方を楽しめる魅惑的なお茶の世界を旅してみよう。

Vol. 1102

本格的に春が到来 NY近郊の桜スポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。

Vol. 1101

一味違う! アカデミー賞
今月25日に開催される、「第93回 アカデミー賞授賞式」。新型コロナウイルスの影響で、同授賞式も例年と異なる形で開催される予定だ。俳優のスピーチや衣装など、何かと話題になる同授賞式の見どころを、徹底紹介していく。

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。