シンガー・ソング・ライターしほりX作曲家、プロデューサー宮嶋みぎわ

テーマ:作曲


2人の出会いは?

しほり 2年前、ベッドが欲しくてフェイスブックで探しているときに、みぎわさんとつながって(笑)。

宮嶋 私のベッドをあげようかという話になってね。音楽と全然関係ないところで知り合ったんです。

——いつも、作曲の仕事はどこでしているのですか?

しほり カフェとか、外で作業することが多いです。

宮嶋 私もパソコンを持って、近くのカフェでやることが多いですね。

しほり カフェはすごく大事。インスピレーションが左右されます。

宮嶋 曲を書く時、どこまで(の工程を)やるの?

しほり ピアノと歌で、簡単なデモ音源まで作っています。それに肉付けをする人が別にいて、チームワークで仕事をしています。

宮嶋 なるほど。私は演奏するオーケストラを自分で持っていて、チームメンバーに楽譜を書いて司令を出し、リハーサルやコンサートの日を設定して、宣伝の打ち合わせやお給料の配布まで全部私の仕事です。それと別に、アーティストとして個人活動しているものも自分で宣伝します。

しほり オリジナル曲を作ることに関しては私も同じで、譜面を書いて、ミュージシャンと打ち合わせをして、リリース作業や宣伝や戦略も考えて…と、全部自分でやっています。

——どんなときに曲ができるものでしょうか?

しほり 神様に「こういう曲を書きたいんです」とオーダーすると、ピッとアイデアが出てくる。

宮嶋 しほりちゃん、言うことがさすがだな(笑)

しほり コンペの話が来たら、「神様、いい曲よろしく」とオーダーすると、夜にシャワー浴びている時とかにぱっと降ってきます。ぱぱっと書き留めて、15分くらいで1本、曲ができます。

宮嶋 私の場合は作業量が多いので、ひらめきを待っていられる期間が短いんです。ひらめかなくても書けるくらい、能力がある人にならないとね。最近は朝9時から3時間、とにかく書きまくっていたら意外と書けることが分かりました。

しほり 私も3曲同時に書いたこと、ありますね。

——2人が好きな曲調やリズムはどんなものですか?

しほり 私、メロディーフェチなので、美しいメロディーで感情をぐっと動かすものが好き。どんな曲でも必ずメロディアスにします。

宮嶋 最近凝っているのが、日本の音階とジャズを混ぜる、というやつ。

しほり 相性がよさそう!

宮嶋 日本っぽい音階が入っているものをジャズのアレンジで演奏すると、すごくオリエンタルに聞こえるみたいで、観客は大興奮。

しほり 私もメロディアスな部分に、アメリカのサウンドやビートをかっこよく混ぜられたらいいなと試行錯誤しています。ジャンルを表しにくいんですが。

宮嶋 最近はどの音楽ジャンルの人も、軸足は持っているけど他のこともできるというのが普通で、作曲をやっている人はどんなジャンルも取り入れていますね。日本は「道を極めるなら二つ以上のことをするのはだめ」という傾向があるけれど、アメリカは二つ以上のことができると天才といわれる。

しほり こっち(アメリカ)は肩書が多い方がよくて、自分のことを「ピアノ弾き語りシンガー・ソング・ライター」というと、すごいねとほめてもらえます。

——では、そんな2人が今後やってみたいことは?

しほり 女優の仕事。歌手と女優になりたくて同時にやってきて、たまたま音楽のほうに行ったんですけど、何本か映画に出たこともあるので、演技にも絶対挑戦してみたいです。

宮嶋 今、音楽業界は転換期で、お金を払わないで音楽を聴くのが当たり前の時代です。音楽を作っている私たちと、聴いてくださる人とのコミュニケーションの仕方が違う。でもどっち側も、まだ今以上の新しい方法を見つけられていないので、今、それを考え中。ぜひ実現させてみたいです。

〈編集注〉この記事は3月に取材したものです。

 

「神様、いい曲よろしく」と頼むと降ってくる —しほり

ひらめきに頼らず書き進められる能力 —宮嶋

 

 

写真左:宮嶋みぎわ

茨城県生まれ。上智大学卒業後、リクルートに就職。30歳で音楽家に転身。「The Vanguard Jazz Orchestra」副プロデューサーとしてグラミー賞に2度ノミネート。2012年に来米。今年3月、ニューヨーク市が優秀なアーティストに送る、女性芸術家支援制度の一期生に選出miggymigiwa.net

 

写真右:しほり

愛知県出身。2002年に「ゼクシィ」CMソングの歌唱で話題に。07年「瀬名」名義でメジャーデビュー。水樹奈々、ももいろクローバーZなどへ100曲以上を提供。18年に来米。今年2月7日、作家デビュー10周年を記念したセルフカバーアルバム「SHIHORISM」を配信リリース。shihoriartist.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。