グローバル時代の子育て

その72 非認知能力を育てる時期

「3歳までが大切!」「5歳で学力が決まる!」など、日本では幼児教育の重要性が強調される一方で、その後の教育が軽んじられている傾向があります。「三つ子の魂百まで!」「6歳で頭脳の90%が作られる!」「非認知能力は5歳で決まる!」という話を聞けば、慌てて幼児教育をしたくなる気持ちは理解できます。

かくいう私も、長年幼児教育に携わっていますから、幼児教育の効果がいかに大きいかということは十分に認識しています。幼児期の子どもの脳はスポンジのように柔軟で、遊び感覚で何でも簡単に身に付けることができます。

小学校時代を通して
続けることが大切

しかし、教育は「6歳で終わり」ではないのです。幼児教育は子どもの可能性を広げる「種まき」に過ぎません。子どもの能力や才能を高い資質として定着させるには、6歳を過ぎてからも栄養を与え、励まし続けることが必要です。

幼児教育の「もろさ」が分かるのが「英語」です。父親の転勤に伴って英語圏に移り住んだ時、家族の誰よりも早く英語を身につけるのは4歳児です。

2年もプリスクールに通えば、完璧なネイティブ発音で流ちょうに英語を話すようになります。ところが、6歳になって日本に帰国し、日本の小学校に通い始めると、ペラペラだった英語をあっという間に忘れてしまうのです!

英語を一生使える能力として定着させるには、子どもが「自主的なやる気」を持って英語の本を読み、英語で思考し、英語で表現する訓練を「継続」しなければなりません。幼児の時に英語ペラペラだったから英語は身に付いただろうと、その後の教育を怠れば、英語を高い能力として定着させることは、できないのです。

エリク・エリクソンの
ライフサイクル理論

心理学者のエリク・エリクソンは、人間の成長には段階的なステージがあり、それぞれのステージにおいて乗り越えるべき課題を「どう克服したか」もしくは「克服できなかったか」が、その後の人間形成に影響を与えるという「ライフサイクル理論」を提唱しました。エリクソンによる段階的ステージと克服すべき課題は次の通りです。

 

 


乳児期
(0歳〜2歳)
課題…基本的信頼感


幼児前期
(2歳〜4歳) 課題…自律性


幼児後期
(4歳〜6歳) 課題…自主性


児童期
(6歳〜12歳)
課題…勤勉性


青年期
(12歳〜20歳)
課題…アイデンティティ


成人期
(就職〜結婚)
課題…親密性


壮年期
(子育て時期)
課題…世代性


老年期
(リタイア期)
課題…統合性

エリクソンは4歳〜6歳に克服すべき課題を「自主性」、そして6歳〜12歳の課題を「勤勉性」と定義しています。「自主性」とは自発的な「やる気」で物事に取り組む態度。「勤勉性」とは自分の課題に挑戦し、それを成し遂げることで「喜びを見いだす経験」です。

これは見方を変えれば「非認知能力を獲得していく時期」と言えるのではないでしょうか。幼児期から児童期にかけて勉強と習い事に真剣に取り組み、学力と非認知能力の両面を伸ばす。これが達成できれば、子どもは「たくましい自己」を確立していくことができるのです。

 

 

船津徹 (ふなつ・とおる)

TLC for Kids代表 教育コンサルタント

1990年明治大学経営学部卒業。大学卒業後、金融会社勤務を経て幼児教育の権威、七田眞氏に師事。
しちだ式教材制作に従事。2001年ハワイ州ホノルルにてグローバル教育を行う学習塾
TLC for Kidsを開設。
2015年に
TLC for Kidsカリフォルニア州トーランス校開設。2017年上海校開設。
アジア諸国からの移民子弟を中心に4000名以上のバイリンガルの子どもの教育に携わる。
イエール大学、ペンシルバニア大学など米国のトップ大学への合格者を多数輩出。
著書に「すべての子どもは天才になれる、親(あなた)の行動で。」(ダイヤモンド社)、「世界で活躍する子の〈英語力〉の育て方」(大和書房)。

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1083

大人がたしなむゲーム

室内で過ごす時間が多いであろう、ストレスフルなこの冬は、非日常に没頭できるデジタルゲームを楽しもう。今号は普段ゲームをしない人でもトライしやすい、お手軽な作品を紹介。

Vol. 1082

ニューヨークで故郷の味

一時帰国できなくても、ニューヨークにはおいしい日本食がある! 今号では、沖縄・北海道・福岡・大阪の郷土料理を提供するレストランを紹介。

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。