【編集部が行く! マンハッタン写真レポ】イーストビレッジ〜ノリータ

編集部がマンハッタンの街並みを写真で紹介する「写真レポ」。今回は、イーストビレッジ〜ノリータを紹介していきます。

 

イーストビレッジの街並みは、日系スーパーマーケット「サンライズ」からスタート。隣接する「パン屋」共に、時短営業中です。

 

アスタープレイス駅近くにあるパブリックアート。普段はベンチで休む人でにぎわっていたはずが、現在は座っている人もあまりいない。

 

ラファイエット通りにある劇場、「パブリックシアター」も臨時休館中。セントラルパークで毎年夏に開催されるシェイクスピア劇も、今年は中止です。

 

NYUのフィットネスセンター。営業中のような垂れ幕を見つけたのですが、やはり臨時休業中。学生たちも自宅で筋トレでしょうか。

 

マンハッタンに数店舗を持つ「ルヴァン・ベーカリー」。今年オープンしたばかりのノーホー店は、他店同様、営業中。店内のイラストがかわいいですね。

 

ブリーカーストリート駅を地上に出るとすぐの同店は、入り口で注文後、その場で店員がすぐ用意してくれます。店内での注文は1組ずつですので、次の人はドア外で待機。

 

おいしいクッキーを購入後は、そのままラファイエット通りを下りてノーホーへと入って行きました。普段から人通りが少ない路地裏は、もちろん無人。天気のいい日でしたが、静か過ぎて風の吹く音しか聞こえません。

 

 

普段は、ショッピングバッグを持った観光客でにぎわっているだけに、行き交う車も人もまばらです。

 

ドラッグストア「デュアン・リード」は、店頭も店内もガラガラ。

 

朝食で人気の「ジャックス・ワイフ・フリーダ」は臨時休業中でしたが、隣の「エドズ・ロブスター」は営業中で、テイクアウトも可能だそうです。

 

「メキシコ料理店(ラ・エスキーナ)」は営業中。

 

テイクアウトに並ぶ人たちは、ソーシャルディスタンスを保って順番待ちをしていました。

 

ソーホー同様、ノーホーとノリータも普段ならばにぎわっているエリアですが、この辺りは、住民も他エリアに比べ少ないのか、本当に静まり返っていました。いくつかの飲食店は営業中ですが、苦戦しているように見えました。復興への道のりは険しそうです。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。