高齢者に無料弁当 日系人会が寄付呼び掛け中

ニューヨーク日系人会(JAA)は、外出規制・自宅待機の日本人・日系人シニアを支援する企画「プロジェクト弁当」を開始した。

毎週1回、65歳以上の同会会員と障害者向けに、サンライズ・マートの弁当と伊藤園のお茶を約100個届ける。デリバリーは有志ボランティアが行っている。現在の対象地域はマンハッタン、クイーンズ、ブルックリンで、今後の寄付状況によっては、将来的な地域拡大も見据えている。

同会は現在、レストランや日本食品会社からの弁当や日本食品の支援を呼び掛けている。資金支援の寄付は、同会ウェブサイト(PayPalおよびクレジットカードで受付)で「Project Bento」と明記して寄付するか、チェックを郵送(支払い先は「the Japanese American Association of New York, Inc.」、メモに「Project Bento」と記入)する。

同会会長のスーザン大沼さんは、「このコロナ危機の状態で、特にシニアや障害者の皆さまの安全と厚生を一番に考えています。この度の『プロジェクト弁当』が発足するに当たり、ご支援のサンライズ・マート、伊藤園、そしてボランティアの皆さんに、心から御礼申し上げます」と話している。

【チェック郵送先】
the Japanese American Association of New York, Inc.
49 W. 45th St., 11th Fl. , New York, NY 10036

【問い合わせ】
http://jaany.org

<掲載: 5月7日>

関連記事

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられ

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。