部屋で楽しむ! ストリーミング作品紹介⑪(Brittany Runs A Marathon)

編集部オススメ! ストリーミングサービスのオリジナル作品を、見どころ別に紹介していく第11弾。

今回は、主人公のダメ人生からの脱却を応援したくなる、Amazon Prime Videoで視聴できる作品を紹介。


ちょっぴり落ち込んでいる人にオススメ!

「Brittany Runs A Marathon

 

©”Brittany Runs A Marathon” from Amazon Studios

 

あらすじ

©Courtesy of Amazon Studios

 

毎夜浴びるように酒を飲み、ドラッグもやって朝帰りを繰り返していたブリトニー。ある日、病院で検査をしたところ、医者から肥満型と診断を受け、このままだと健康に深刻な問題が生じると言われてしまう。不摂生な生活を止め、健康的な体型を目指し走ることを決めたブリトニーだったが、その道のりは険しく自暴自棄に。そんなある日、アパートに住む女性に声を掛けられる…。

 

解説&見どころ

©Courtesy of Amazon Studios

 

2019年サンダンス映画祭で観客賞を受賞した作品。ブリタニーを演じた女優のジリアン・ベルも実際、撮影中に走り続け、20キロの減量に成功したとか…。役を演じるのも楽じゃない!

このストーリーは、今作で監督デビューしたポール・ダウンズ・コライッツォの元ルームメイトだった、ブリタニー・オニールさん(映画ラストにも登場)のほぼ実話。

後半のマラソン大会のシーンは、2017年に開催された大会を実際に撮影したもの。主人公が苦しそうにレース中走る姿に、何も知らないスタッフやランナーが本当に助けてくれたとか…。

徐々に美しく変化し、前向きになっていく主人公の姿は励まされるだけでなく、走る姿も自然と応援してしまう。

この映画をきっかけに、自粛生活で鈍った体を鍛え直してみるのもアリだ。

日本のアカウントを持つ人は、日本語字幕もアメリカにて視聴可能。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?