医療従事者に無料弁当 日本クラブがプロジェクト開始

日本クラブとニューヨーク商工会議所(JCCI)は、医療従事者に無料で弁当を届けるプロジェクト「Let’s Support COVID-19 Fighters!  NYの医療チームへお弁当を届けよう」をスタートした。

同クラブに勤務するシェフが、合計約4000個の弁当を製作する。5月7日から週1で、マウントサイナイ病院、アルバート・アインシュタイン医科大学モンテフィオーレ病院、コロンビア・プレスビテリアン病院など、ニューヨーク市内の各病院に配達。今後、郊外の病院にも提供予定。現行のペースでは半年以上の継続を見込んでいる。

プロジェクトに協力している会員企業は、米州住友商事、米国三井物産、日立アメリカ社、野村ホールディングアメリカ、SOMPOインターナショナル、大和証券キャピタル・マーケッツアメリカなど、34社(5月3日現在)。

同クラブ担当者は、「日々、過酷な状況でCOVID-19と奮闘している医療従事者たちを少しでも応援したいという気持ちから生まれたプロジェクトです」と話している。

なお同プロジェクトは一般からの支援も随時受け付けている。PayPalによるカード決済(寄附金控除の対象ではないので注意)。詳細は以下ウェブサイトを参照。

【問い合わせ】
www.nipponclub.org/event/lets-support-healthcare-workers/?lang=ja

<掲載: 5月4日>

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。