机の上を走るスケボー、「フィンガーボード」で遊ぼう

フィンガーボードというアクティビティーを聞いたことがあるだろうか?

 

 

読んで字のごとく、指で「走る」ミニ・スケートボードのことだ。オリジナルのスケートボード同様に、空中や段差でトリック(技)を決め、その技術や発想力を競い合う。

実はこれ、ただのイロモノではなく、これまでに幾度となく世界大会が開かれるほど、ディープな人気を持つスポーツ競技だったりする。雰囲気はストリート文化のそれに近い。

 

↑こちらは、フィンガーボードの大手ブランド、「ブラックリバー」(https://blackriver-shop.com)が2012年にドイツで開催した世界大会の様子

フィンガーボードのいいところは、指2本が動けば遊べる手軽さと、いらない箱などを用いて自在に障害物を作り出す、奥深い創造性だ。家の中や公園の片隅、何気なく通っていた道端にも、「ここでボードを走らせたら面白いな」という新しい視点が生まれる。体の移動が限られた現在、今までになく真価を発揮するスポーツだろう。

 

編集部は、2018年の巻頭特集「大人だってスケボーしたい!」の中で、カリスマ的人気のあるプロのフィンガーボードプレーヤー、マイク・シュナイダーさん(記事冒頭のビデオでスケートボードを披露している人)に取材をした。

(※以下内容は、18年当時掲載したものに一部編集を加えています)

 

ーーどう遊ぶの?

2本の指で小さなボードを走らせて、本物のスケボーみたいに技を決めるんだ。元々はスケートボーダーが遊びでやっていたもので、どれだけ技が決められるかを楽しむ。動かすのは指2本だけだから、フィンガーボードにしかできない複雑なトリックもあるんだよ。

ーーはじめたきっかけは?

ドラッグストアなどで安く売っていて、子供はみんな遊んでいたよ。僕は9歳のときに出合ってハマり、すぐに自分のボードを作るようになった。ただ好きだから続けていて、大会に出始めて、気が付いたら16歳でプロにまでなってたよ。
スケボーもプレーするんだけど、スケボー場では誰も僕を知らなくて、フィンガーボードではみんなに声を掛けられる(笑)。9歳の時に家族や友人と創った「フラットフェース」はハンドメードでフィンガーボードを作り続けていて、プロのボーダーとスポンサー契約をしたり、イベントを主催したりしている。僕自身もプレーするよ!

ーースケボーとの違いは?

場所を選ばずに、いつでも誰でも楽しめるところ。指で遊ぶからスペースも取らないし。遊んでいる人はやっぱり子供が多いけど、プレーに年齢は関係なくて、60代のボーダーもいるよ。ボードが滑ればどこでも遊べる。橋の上なんかはスリル満点!

ーー何から始めるべき?

まずは1、2ドルの安いボードで遊んでみて、慣れてきたら、少しこだわったボードを買う。形や表面加工の仕方で、使い心地が全然違って驚くよ。ユーチューブやSNSにたくさんプレー動画があるから、それを観てトリックを真似るといい。

ーー大会はあるの?

ドイツで「ブラックリバー」という有名なブランドが主催している大会があって、僕もよく参加する。ニューヨークは、アップステートでは友人とイベントをやるけど、マンハッタンではあまりないかもしれない。スポーツとしてではなく、趣味の範囲で楽しんでる人も多いからね。 僕はマサチューセッツ州にある自分のショップで月1回くらい、指スケボーダーが集まれるイベントを開催しているから、よかったら遊びに来てね。

ーー競技人口は増えてる?

存在自体を知らない人も多いけど、スケボーと同じく、増えていると思う。最近のスケボーは本当に進化していて、10年前に比べて新しいトリックがどんどん編み出されているから、フィンガーボードも一緒に進化しているんだ。

ーー今後の目標は?

プレーし続けること!

 

マイク・シュナイダーさん
プロ指スケボーダー。マサチューセッツ州ドラカット出身。2003年に自宅にオフィスを構え、ハンドメードの指スケメーカー「フラットフェース」を創業(オンライン販売のみ)。また月1回の頻度で、指スケボーダーのためのイベントを開催している。(www.flatfacefingerboards.com

 

フィンガーボードはドラッグストアで売られている場合もあるが、アマゾンなど通販サイトでも安価なものが売られている。操作に慣れてきたら、「ブラックリバー」と「フラットフェース」の、美しいデザインのボードを手にとってみてほしい。

なお、ボードの上に足を乗せて走る「オリジナル」のスケボーについては、同巻頭特集で取材した「スケートヨギー」(www.skateyogi.com)が、バーチャルのスケボークラスを開催している。もし、ソーシャルディスタンスを保ちながら走れる機会があるのなら、ボードを購入して試してみるといいかも。

 

<記事サムネイル写真>
Photo by Guilherme Cardoso (CC BY-NC 2.0)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。