【写真レポ】ユニオンスクエア〜フラットアイアン

編集部がマンハッタンの街並みを写真で紹介する「写真レポ」。今回は、ユニオンスクエアからフラットアイアンまでの街並みを紹介していきます。

 

 

晴天だったこの日は、ユニオンスクエア前に多くの人がいました。

 

ほとんどはホームレスとデリバリーマンです。

 

ベンチに座り、ソーシャルディスタンスを維持しながら会話をしている市民もいました。

 

普段、「グリーンマーケット」が行われているスペースも、様変わり。歩行者か自転車ばかり走っています。

 

人通りがほとんどないユニオンスクエア前は、珍しいというか異様ですね。

 

ユニオンスクエアからアップタウンへ続く建設工事中の道。壁に書かれたピンクの落書きには、ハートマークがいっぱい。

 

ガイドブックでお馴染みの食器店「フィッシュエディ」も休業中です。

 

マディソンスクエアパーク前。美しい春の草花が咲いています。

 

ユニオンスクエア同様、散歩する人が行き交っていました。

 

工事中のフラットアイアンビル下の道路は、人通りがほとんどなく静かです。

 

同地区にある「イータリー」は、営業中。

 

入口を入ると従業員から、設置してあるサニタイザーで除菌を求められました。

 

店内は節電のせいか少し暗いですが、商品は以前とほぼ変わらず販売中。

 

チーズやプロシュートなども充実。もちろんワインも売っています!

 

ここでしか買えないパスタなどの食材も、久しぶりに来れたうれしさからつい購入してしまいました。

 

生鮮食品も通常通り販売中です。

 

近隣に住む住人にとっては、開いているお店は貴重ですね。
5月15日まで自粛生活はまだまだ続きますが、運動も兼ねて散歩の距離を少し延ばせば、今まで気付かなかった新たな発見があるかもしれませんよ。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。