部屋で楽しむ! ストリーミング作品紹介②

編集部オススメ! Amazon Prime Videoオリジナル作品を見どころ別に紹介していく第2弾。

今回は個性的な登場人物たちが勢ぞろいする作品。


クセのある登場人物にハマりやすい人にオススメ!

「ザ・ボーイズ」

Photo by Amazon Prime Video

あらすじ

200人を超える特殊能力を持つヒーローたちが所属する、ヴォート・インターナショナル。その中でも「セブン」と呼ばれるスーパーヒーローたちが、名声と欲を思いのまま手に入れている世界。

そんなセブンの1人の犠牲となった恋人の仇を打つため、何の能力も持たない普通の青年ヒューイは、スーパーヒーローたちを倒そうと、元FBI捜査官のビリー・ブッチャーと手を組む。ブッチャーもまた、妻がセブンの犠牲になったいた…。

 

解説&見どころ

「アベンジャーズ」シリーズのような「ヒーローは正義の味方」という概念を覆す、卑劣で欲にまみれ、薄汚れたヒーローたち。そんな彼らの仮面を剥がしていく、普通の青年ヒューイを応援したくなる気持ちが、1話ごとに高まるところが面白い。

原作コミックとドラマの内容も少し異なるところも見どころの一つだが、主人公ヒューイを演じる、ジャック・クエイドは、あのメグ・ライアンとデニス・クエイドの息子というからビックリ。

ブッチャー役のカール・アーバンも、映画「スタートレック」シリーズで船医役のレナード・マッコイを演じているので、この人なんか観たことあるかも⁉︎ という人もいるのでは?

すでにシーズン2の制作も決まっており、そちらの配信も待ちきれないが、まずはシーズン1を観てみよう。日本のアカウントを持っている人は、日本語字幕、吹き替え版もアメリカにて視聴可能。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。