プロスポーツから見る経営学

第46回 FIFAエージェントの仕事

国際親善試合の調整
やりがいと難しさ

2月は弊社にとって毎年忙しい月です。サッカーの世界ではプレシーズンの期間であり、シーズン開幕に向けて厳しいトレーニングに励むキャンプの時期であります。また同時に、その時期に親善試合を行います。

親善試合は、リーグ戦のようにJリーグが組み合わせなどを決めて行う試合ではありません。基本的には、クラブ同士が調整して試合を行います。親善試合の主な理由は、クラブの仕上がり具合を確認するためです。同時に、普段のリーグ戦では戦うことができない相手と試合をすることで、新しい発見があったり、ファンを楽しませる意味合いもあります。

2月9日に開催された、「さいたまシティカップ」の試合の様子

国際親善試合を組む
手続き方法とは?

それでは、普段対戦をしないような対戦相手とは、どのようなクラブのことでしょうか?

簡単な例で言うと、海外のクラブです。普段Jリーグに所属しているクラブは、リーグ戦では日本国内のクラブと対戦をします。ですので、このプレシーズン期間中は、海外のクラブを招聘(へい)して親善試合を行うことができる、貴重な機会となります。

日本国内のクラブ同士であれば知り合いであることも多いので、試合の調整方法を話し合えばいいのですが、海外クラブとの試合に関しては、自分たちで連絡が取れない場合、「FIFAマッチエージェント」に依頼をすることが多いです。

私は、このFIFAマッチエージェントのライセンスを保有しているので、国際試合を組むことが可能となっています。FIFAが世界にこの資格を付与している人数は約200人で、日本人では私を含め、2人しかいません。

私たちFIFAマッチエージェントは、依頼主であるクラブから「予算」「日時」「対戦したい相手の希望」などをヒアリングし、世界中にそれに該当するクラブを探しに行きます。そして、この三つの条件に収まるように、依頼主のエージェントとして交渉を行い、海外クラブがきちんと来日して試合を行い、帰るところまでを見届けます。

奔走するエージェント
開催当日までの苦労

今回はさいたま市が毎年開催をする、「さいたまシティカップ」に出場可能な海外クラブを探してくることが仕事でした。依頼主である「さいたま市」と、出場する「大宮アルディージャ」と打ち合わせを重ね、前出の三つの条件を定めました。自分自身がメジャーリーグサッカー(MLS)国際部、そしてFCバルセロナ国際部に勤めていた時から国際マッチメーキングが本業で、私のここまでのキャリア約15年間で、およそ160試合ほどの国際試合を組んできました。そのため、市場価格や誰と話をすればいいのかなどを把握しています。

しかし今回は、大会開催3カ月前に受領したオーダーだったので、クラブサイドにすでに予定が入っていたりと交渉は難航しました。そんな中、マドリッドで開催された国際サッカーフォーラムに参加した際、打ち合わせをしたウルグアイリーグ王者の「クラブ・ナシオナル・デ・フットボル(C.N.DeF)」と交渉して、何とか契約締結にこぎ着けることができました。

そこからは宿泊・飛行機の手配、日本でのイベント出演の調整などを弊社の日米のスタッフで行い、無事、2月9日にさいたまのNACK5スタジアム大宮にて、「大宮アルディージャ」と「C.N.DeFの国際親善試合を取り行うことができたのです。

当日、試合中はいつもスタジアムの中を歩くようにしているのですが、そこで初めて南米の強豪クラブを観る子供たちや、応援をしているファンたちの姿を観ていると、本当にこの仕事はやりがいがあるものだなと思います。

来年2月は、ハワイで弊社が主催する「パシフィック・リム・カップ」です。4クラブをあちこちから集めて来ないといけないのですが、気を引き締めてまた頑張りたいと思います!

 

 

<今週の用語解説>

さいたまシティカップ

さいたま市とホームタウンとする「浦和レッズ」と「大宮アルディージャ」などが主催となり、2003年から今回で11回目を迎えるスポーツ振興事業。海外の強豪クラブと国際親善試合などを実施し、一流プレーを多くの市民が間近で見れる機会となっている。「サッカーのまち さいたま」というスローガンを、国内外に発信することを目的としており、2017年以来、3年ぶりに今年開催された。今までに、スペインの「FCバルセロナ」や英国の「マンチェスター・ユナイテッド」などを招聘(へい)。さいたま市民は、抽選で無料招待枠も用意している。

 

中村武彦

マサチューセッツ大学アマースト校スポーツマネジメント修士取得、2004年、MLS国際部入社。
08年アジア市場総責任者就任、パンパシフィック選手権設立。
09年FCバルセロナ国際部ディレクター就任。
ISDE法科大学院国際スポーツ法修了。
FIFAマッチエージェント。
リードオフ・スポーツ・マーケティングGMを経て、15年ブルー・ユナイテッド社創設。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。

Vol. 1099

元祖ソウルフード ピザ魅力

「アメリカらしさ」「ニューヨークらしさ」が揺らいでも、ピザのうまさは揺らがない。ピザ激戦区・ニューヨークでも「名店」とうたわれる店を食べ比べて、その奥深さに思いをはせてみよう 。

Vol. 1098

春ファッションが楽しくなる かわいい小物にくびったけ!

いよいよ春が到来! 不安の尽きない日々だけど、お気に入りファッションに身を包めば自然と気分もアップするはず。トレンドの小物を取り入れて、今ならではの春ファッションをエンジョイしよう!

Vol. 1097

まだまだ不安の多い時代だからこそ

今すぐ実践 ストレス解消法を一挙紹介!

春の気配とワクチンの普及を感じながらも、まだまだ続く寒さとコロナによって、閉塞感や不安を抱えている人が増えている。身近に手軽にできるものから、ちょっと足を伸ばして行えるストレス解消法までを一挙ご紹介。ストレスを手放し、心身共に健康な状態で春を迎えよう!