英語落語家ケン・サイトウX俳優、劇作家松坂龍馬

テーマ:エンタメ

昨年10月からNYエンタメの会(nyjapanentertainment.wixsite.com/home)の運営に携わっている、とケン・サイトウさんと松坂龍馬さんが、エンタメをテーマに語り合った。


この会に出合ったのはいつ頃ですか?

サイトウ ニューヨークには2015年に演劇学校で学ぶために来て、ネットワーキングでこの会を探して顔を出していました。

松坂         僕も同じ時期です。「NYエンタメの会」は、エンタメ業界を目指す人を応援し、情報交換やつながりを作る場という主旨で、トシさん(中澤利彦さん)が始めたものです。

どんな形で、2人に運営の話が来たのですか?

松坂        トシさんが日米を行き来するようになって忙しくなり、会を引き継いだ人も継続が難しくなったと聞き、「じゃあ俺やりたい、やらせて」と申し出ました。

サイトウ 僕もです。トシさんの後を継いだ俳優仲間が会をやめると聞いて、「こんな有意義な会なのにもったいない。それなら僕がやるよ」と挙手しました。

運営をやり始めてみてどうですか?

サイトウ これはこうした方がよかったとか、これは大変だなとか、実際にやってみて見えてきたことがあります。でもやるからには、「ためになる会だったね」とフィードバックをもらえる会にしたいです。

松坂         一番大変なのは、ゲストをブックすること。そこが決まらないと会自体が決まらないのに、アーティストは予定が見えなくてブックできず、大変です。

新しく始めたことは?

松坂         たとえば、ただゲストの話を聞くだけでは面白くないので、僕がMCをしてゲストへのインタビュー形式で進めています。

サイトウ 僕は軽食を作って出し始めました。顔を出すのがちょっと面倒くさい時に、「行けばご飯が食べられるから行こうかな」から、始まってもいいと思うんです。それで来てくれたら、ためになるし出会いもあるので、そのきっかけになればと思っています。

たしかに、エンタメでない人も行きやすそうです。

サイトウ 一般の人は来にくいのかな。エンタメというと変人しか集まってないと思われてたり(笑)。

松坂         何かクリエートしている表現者であれば、なんでもありだと思うんです。要はネットワーキングなので、誰でも来てもらいたい。僕は当地に来た頃は全く知り合いがいなかったのですが、この会で出会った俳優仲間からディレクターを紹介してもらって作品になったり、この会はすごく貴重な場所でした。自分がこの会からたくさんのものを得られたので、今度は当地に来たばかりの人たちに与えてあげたいです。

今後、ゲストに呼びたい人はいますか?

松坂          僕の目標は渡辺直美さん。僕は今、在住者以外や海外に挑戦しようとしている人たちに向けて、ユーチューブチャンネルを作っています。そういう形でブランディングをしていけば、いつか直美さんに出てもらえるかもしれません。

サイトウ しっかりやっていけば、無理な話でもないよね。

これから本業の方でやろうとしていることは?

サイトウ もっと英語落語のネタを増やして、パフォーマンスする機会を増やしていきたいです。また、僕もユーチューブを始めたので、そこで認知度を上げていけばさらに英語落語の方にも人が来るんじゃないかと思っています。

松坂         僕も最近落語にどっぷりハマっていて。実は、柳家東三楼(とうざぶろう)さんとお話する機会があって、高座に上がらせてもらうことになりました。

サイトウ えーっ! 面白い。真打ちの東三楼さんから声が掛かるなんて、ニューヨークでしかありえないですよ。

松坂         東三楼さんは、米国50州を回って演じる予定なので、機会があれば、前座で参加させていただければと思っています。また現在、舞台の脚本を書いているところなので、年内にオフかオフ・オフブロードウェーで上演したいです。

 

きっかけになるなら軽食目当てでも —サイトウ

今度は僕たちが、来たばかりの人に与えたい —松坂

 

 

写真左:松坂龍馬

埼玉県出身。2014年に来米。FMラジオ「モーニング・コミュニティ」のニューヨークレポートなどの活動の他、今年3月から初の落語への挑戦も予定。現在オフブロードウェー進出に向けて、戦争をテーマにした作品を執筆中。趣味で坦々麺のポップアップもスタート。Youtube: What’s up Men

 

写真右:ケン・サイトウ

東京都出身。日本で舞台演劇を学び、数々の舞台に出演後、2015年に来米し、HB Studioに入学。当地の人々と触れ合う中で、英語落語のアイデアを思いつき、西洋演技メソッドを落語に取り入れた活動をスタート。劇場などで独演会「落語ナイト」を行っている。YouTube: Ken’s Ch

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。