最終回 バレンタイン・後編

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。


最終回 バレンタイン・後編

先週は、14日のバレンタイン当日までに花を予約注文しておくことが、いかに重要かを説明しました。今週はいよいよ、贈る花の選び方についてです!

プロの組み合わせ

定番は何といっても、情熱的な、真っ赤なバラ。定番だと思っているお客さまが非常に多いですし、実際に好まれるので、根強い人気があります。ただ、赤いバラだけでできたブーケはデザインもありきたりですし、真っ赤な花を敬遠する女性もいるものです。

今年は目の肥えた花のプロに任せ、センスあるアレンジメントを贈ってみるのはいかがでしょう? 同じバラでも、色を変えると雰囲気がガラッと変わります。現在の花の流行色は、ベージュやピンク。

これにあわせて、色が豊富で組み合わせやすいスイートピー(sweet peaや、バーガンディーカラーのエレガントなチューリップ(tulip)、華奢(きゃしゃ)な花がたくさん咲く、枝物のコデマリ(spiraea)などを合わせてみましょう。

 

好みでカスタマイズ

自分で花を選ぶなら、相手の好みやイメージを重視するのがポイントです。

古風でキラキラしたものが好きな女性なら、定番の赤いバラでしょう。可愛らしいものが好きな人には、先述のピンクやベージュでふんわりした印象に。中にはピンクが苦手な人もいるので、白と緑を中心に作り、ベージュをアクセントにするのもいいですね。

そして個性派・モード系の人なら、黒に寄った深い色味のチューリップやラナンキュラス(Ranunculus)を、白と合わせるなど。アクセントにドライの葉をプラスすれば、オリジナリティーあふれるアレンジメントの完成です!

相手の年齢や雰囲気、好みのスタイルなどを伝えていただければ、一緒にアレンジメント作りのお手伝いをするので、相談してくださいね。上質で美しい花を多く使うアレンジメントは、それなりに料金もかかります。年に1回のイベントですから、ぜひ予算は奮発して検討してください。

当店でお作りする花は花瓶のものがメインですが、どうしてもブーケという場合は出番まで水に入れて、温度の高くない場所で保管してください。皆さまがすてきなバレンタインを過ごせますように!

*「花あるくらし。」は今号で最終回です。ご愛読ありがとうございました!

 

今週のアレンジ

脱・定番カラーの組み合わせ

 

Photos by @Hirokophotography

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1126

NYCマラソンが復活! おすすめランニングスポット

2年ぶりに開催されるNYCマラソン。今大会の概要やレースの魅力、ニューヨーク在住ランナーたちが紹介してくれるおすすめランニングスポットをチェックしてみよう。

 

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。