NYで再発見! 日本のふるさと 【栃木県編】

ニューヨーク栃木県人会

幹事:進藤尚子(しんどう・なおこ)/真岡市出身
発足:2010年
会員:約50人
参加条件:栃木にゆかりのある人、興味のある人
参加費:無料
問い合わせ:nytochigi@gmail.com


2018年 活動実績

3月 東日本大震災追悼式典 後援団体

4月 WhitePlainsさくら祭りブース参加

6月 暑気払いBBQ


2019年 活動

2月 新年会

3月 東日本大震災追悼式典 後援団体

4月 WhitePlainsさくら祭りブース参加

7月 暑気払いBBQ

12月 忘年会


ゆかりの人

ブルックリン椎名道場 椎名清さん

大学卒業後、柔道指導のため来米。以来60年、椎名道場、WestPointの陸軍士官学校、コロンビア大学などにおいて、世界選手権優勝者、オリンピック選手を育成。

Relo Redac, Inc. 代表 七原肇さん

大学卒業後貿易会社に入社、84年にNY赴任。現在のREDAC総合不動産サービスを設立。


【栃木と言えば】

那須塩原高原…皇室の御用邸もある那須塩原高原には、千本松牧場、那須サファリパーク、ハンターマウンテンスキー場など、家族向けレジャースポットが豊富。

日光東照宮…徳川家康をまつる世界遺産・パワースポットの東照宮。参道の茶屋では、日光天然氷のかき氷も食べられる。

鬼怒川温泉…約40軒のホテル旅館が連なる温泉郷。泉質は無色透明の弱アルカリ性で肌にやさしく神経痛・筋肉痛に効果あり。

宇都宮餃子…満州に派遣された陸軍第14師団が宇都宮に帰りギョウザを広めたことが宇都宮餃子の発祥。野菜多めで皮はパリッとした餃子界の巨頭「みんみん」「正嗣(まさし)」の餃子などが有名。

とちおとめ…鮮やかな赤色で粒が大きく形がよく、糖度の高さと適度な酸味のある「とちおとめ」。新種「スカイベリーも人気。栃木県産イチゴは、50年連続収穫量日本一!

益子(ましこ)焼…300以上の窯元・陶器店があり、作風も多種多様で「芸術品」として世界的に知名度を上げている。毎年、春と秋に開催される陶器市では、40万人以上が来場。今春は4月29日〜5月6日に開催予定。

陶芸の里 益子町へは 真岡鉄道の「SLもおか号」で

 


【NYで感じる栃木】

「初夏から楽しめるイチゴ狩りで「いちごの里・芳賀のいちご園」を思い出します。お店に並ぶものより格別に甘く、中まで真っ赤でジューシーです。甘いイチゴ恋しさに毎年郊外のオーガニックファームまで遠足に行ってます」(進藤さん)

【故郷は今】

 「北関東ならではの田舎感を保ちつつも、都心から新幹線、高速道でのアクセスが良く、歴史的観光地や大自然に囲まれたテーマパークなど、見どころが豊富です。2019年、栃木市は「子育て世代が住みたい田舎」部門で全国1位、「シニア世代が住みたい田舎」部門では3位にランクイン。スポーツ王国でもあり、現在アイスホッケー、バスケットなど、8つのプロスポーツチームが活躍しています。2022年には「いちご一会とちぎ国体」も開催されます」(進藤さん)

 

昨年12月に開催した忘年会の様子

 

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。