第 9回 ウェディングの花

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。



第 9回 ウェディングの花

ウェディングは一生に一度の、思い出に残るイベント。会場やドレス、ゲストの手配と、新郎新婦にはタスクが山積み! 忘れられがちですが、フラワーアレンジメントも、ウェディングにはかかせない要素です。

花はこんなに大活躍

新婦の持つブーケ以外にも、花の手配はいろんなところで必要です。例えば、ブライズメート用のブーケ、セレモニー会場(あるいは教会)やバージンロード用のアレンジメント、レセプションの受付と各テーブルに配置する花。

セレモニーとレセプションが同じ場所で、内装の入れ替えがあるならば、カクテルアワー用のアレンジも必要ですし、生花店のスタッフの待機・片付けの費用も発生します。さらにフラワーアーチを置きたい場合は、加えて数千ドルは見積もっておきたいところ。

これらのアレンジメントを決めるには、新郎新婦の希望する色やスタイル、好きな花などを考慮して話し合い、デザインを詰めていきます。もし「絶対にこの花を使いたい!」という希望がある場合は、挙式のシーズンを見直してみるといいかもしれません。例えば、冬場の結婚式にシャクヤク(peony)を使おうとしても、花のサイズがシーズンより小さくなり、卸値も高くなる可能性があります。そうなると、さらなる出費につながります。

結婚式の花の定番はバラやアネモネ(Anemone)、ラナンキュラス(Ranunculus)など。逆にユリなど匂いの強いものはあまり好まれません。最近は、パンパスグラス(pampas grass)を使ったり、ベージュをメインカラーに据えたりした、ナチュラルで落ち着いたニュアンスのアレンジも人気ですよ。

相談までにまず準備

結婚式用の生花店を決めるのは、式場を決めてすぐ、挙式の約1年前が目安。それからデザインを決めて行きます。その際、自分の好きなスタイルをだいたい見極めてから、生花店に相談すると、デザインがスムーズに決まりやすくなりますよ。

まず、数カ月前に大まかなデザインを決め、式の日程に近くなってから、また詳細を詰めていくのがいいですね。

〈お知らせ〉

Adore Floral」は2月より、日本人講師による、日本語でのフラワーアレンジメント、花道、クッキーアイシング講座を開催します。詳細はウェブサイトをご覧ください。

 

 

今週のアレンジ

好きな花をナチュラルに束ねて

Photos by @Hirokophotography

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。