プロスポーツから見る経営学

第44回 新たなスポーツ競技

今年はeスポーツ!
そのビジネスとは

新年明けましておめでとうございます。旧年中は私のコラムを読んでいただき、深く感謝申し上げます。

本年もスポーツのビジネスサイドに関して、分かりやすく解説させていただくことができればと考えます。

さて、2020年はいよいよ東京五輪ですが、その前に私が注目をしている新たなスポーツ競技が、テレビゲームの腕前を競う「eスポーツ」です。日本国内でも、ここ数年で脚光を浴びるようになってきました。「eJリーグ」も18年に開幕したのは、記憶に新しいところです。

日本チャンピオンが
APEC代表選手に

弊社でもこの分野には注目しており、3年ほど前からこのスポーツに関しての調査を開始。約2年前に、私の会社がオーナーを務める「Blue United eFC」というプロのeスポーツチームを立ち上げました。

FIFA(国際サッカー連盟)公認のゲーム「FIFAシリーズ」で国内でチャンピオンにもなったことがあるTsakt(つぁくと)選手と、新気鋭のAGU(アグ)選手(eスポーツではゲーム用の名前を用いる選手が多い)の2人と、現在契約をしています。

2020年2月にイタリアのミラノで開催される、「FIFA eクラブワールドカップ」に、APAC(アジア太平洋)代表として、弊社「Blue United eFC」が出場します。これはチーム発足後2回目のeクラブワールドカップ出場となり、個人的にも非常に楽しみにしております。

対戦相手には、欧州からは「Manchester City eSports」(スペイン)、「Olympique Lyonnais eSport」(フランス)、「FC Basel 1893 Esports」(スイス)などが出場しますので、みなさまもタイミングが合えば、ぜひオンラインで日本代表「Blue United eFC」を応援してください。

eスポーツ選手と契約をしたプロサッカークラブは、この2年間で約80チームに上ります。eJリーグ同様に、eメジャーリーグサッカー、eNBA、eチャンピオンズリーグなどのリーグも、多く立ち上がってきています。

事業はどう成立する?
eスポーツのビジネス

eスポーツのビジネスに関して少し解説をしますと、プレーしている世代が若いことが特徴に挙げられます。

スポンサー企業はここに着目します。保険、航空会社、ケーブル会社、銀行など、顧客が別企業に乗り換えたりすることが少ない、あるいは代替の少ない事業が、契約加入前の若い年代に認知してもらおうとeスポーツに参入するケースが多くみられます。

そもそも、なぜテレビゲームが「スポーツ」という定義に入っているのでしょうか? 確かにテレビゲームをやり込む際は、何時間も連続でプレーするので、体力や反射神経など肉体的な側面での強さも要求されます。

しかし最も大きな理由は、そのビジネスモデルが、スポーツビジネスと一緒だからです。本コラムでも解説してきましたが、プロスポーツビジネスの主な収益源は四つしかありません。①チケット収入②放映権収入③スポンサー収入、④スタジアム収入。

これはゲームでも同様なのです。プレーヤー同士が戦う試合のチケットを売ったり、オンラインで放送したり、スポンサーに協賛してもらったり、試合を開催するスタジアムにて飲食を販売したりと、その他の事業展開が試合に合わせてなされているのです。

スポーツビジネスを主戦場とし、海外事業を得意とする弊社にとって、プロのサッカーチームを保有することは簡単にはできません。

しかし弊社のノウハウはこのeスポーツチームに、ぴったり当てはめていくことができるのです。日本ではまだまだこれから発展していくであろう、新規分野の先駆者として挑戦し、この短期間でワールドカップ出場まで到達したのは、非常に喜ばしいことです。

2020年は、このeスポーツにも注目していきたいと考える次第です。皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

<今週の用語解説>

eスポーツ

正式名称は「エレクトロニック・スポーツ」。今回の本編ではサッカーを題材にした「FIFA」シリーズのプロ選手を取り上げたが、eスポーツ自体は「シューティング」「格闘」「パズル」「オンラインカード」など、さまざまなジャンルのゲームでプロ大会が開かれている。プロとして活躍する選手らは、主に大会の賞金やイベント出演料、スポンサー支援などで生計を立てる。オリンピック正式種目化に向けての動きもあるが、国際オリンピック委員会は2018年の時点では、種目化の予定はないとしている。

 

中村武彦

マサチューセッツ大学アマースト校スポーツマネジメント修士取得、2004年、MLS国際部入社。
08年アジア市場総責任者就任、パンパシフィック選手権設立。
09年FCバルセロナ国際部ディレクター就任。
ISDE法科大学院国際スポーツ法修了。FIFAマッチエージェント。
リードオフ・スポーツ・マーケティングGMを経て、15年ブルー・ユナイテッド社創設。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?