第 8回 まだ見ぬ色を探して

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。


第 8回 まだ見ぬ色を探して

生花業界の最近の流行カラーは、淡いピーチ、そしてベージュ。

特に、大人っぽくて重厚感のあるベージュは根強い人気です。複数の色を組み合わせるアレンジでも、グラデーションを作りやすいので重宝されます。

結婚式のブーケといえばかつて白が定番でしたが、最近はベージュと白、そして全体を引き締めるバーゲンディー色を合わせるブーケが、とにかく人気です。

 

色で遊んでみよう

色といえば、最近の生花業界は、人工的に色染めした花を使ったアレンジに注目が集まっています。

かつて、人工的なカラーは「安っぽくてダサい」といわれていましたが、現在は一周回って、アート的な観点で注目されています。

野原に群生しているような、ナチュラル志向のアレンジメントが長らくトレンドでしたが、最近はいろんな色を実験的に使い、既存の花に新しいイメージを与えます。ベージュのアネモネ、レインボーカラーのカスミソウなど。

漂白した花に、色水を吸わせて色を付けたり、スプレーで色を乗せたりと、さまざまな方法が用いられています。

特にピンクや黄色、青などのネオンカラーは、これまでの自然派アレンジにはなかった美しさがあります。ビビットな色味は、部屋のアクセントとしても活躍しますよ。

また、スプレーペイントで上から色を塗ったり、ゴールドのグリッターをあしらうアレンジメントもあります。花の可能性は無限ですね!

 

もう一つの人工美

もう一つの流行は、長いこと美しさが持続する、ドライフラワーです。

ホコリが積もったり、日光に照らされて色あせることはありますが、ほぼ、お手入れ不要です。積もったホコリが気になるときは、時折優しく落としてあげてください。

基本、ドライフラワーはそれのみだけでアレンジしますが、アクセントとして1本だけ、数本の生花の中に混ぜることもありますよ。こちらも生花同様、人工的に色をつけることがブームになっています。

フラワーアレンジの色選びに関しては、われわれはプロですので、お店でぜひ気軽に相談してみてくださいね!

 

 

 

今週のアレンジ

ビビッドな色が生える組み合わせ

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1130

今年は75周年のメモリアルイヤー! NBAを見に行こう!

レギュラーシーズン開幕から約1カ月。創設75周年を迎えたNBAは、今季ならではのイベントが盛りだくさんだ。今、話題のNBA系YouTuber、Rikuto AFさんとニコラス武さんの解説と共に、その魅力を紹介する。

Vol. 1129

NYC新市誕生! エリック・アダムス氏を解剖

2日に行われたニューヨーク市の市長選で民主党のエリック・アダムス氏が当選し、次期ニューヨーク市長に就任する。エリック・アダムス氏とはどんな人物なのか? そして今後のニューヨークはどう変わるのか?

Vol. 1128

ビザ最新情報 2021秋冬版

2023年度DV(移民多様化)抽選永住権の米国務省受付が、9日正午で終了した。今号では、H、E、L、Oビザなどの非移民ビザや永住権に関する最新情報を紹介する。

Vol. 1127

今年は何する? もうすぐサンクスギビングデー!

いよいよサンクスギビングデーがやってくる。今年は例年のパレードも復活し、感謝祭ディナーに大セールと楽しいイベントがめじろ押し。日本人にはなじみない文化とはいえ、せっかくアメリカに住んでいるのなら目いっぱい楽しまなきゃ損! 今号はそんなサンクスギビングを存分に満喫するための情報をお届けする。