古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

日本人職人によるハイエンド家具 (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 049)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことや、お気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。今週はレッドフックにある工房「Hachi Collections」です。


Hachi Collections(ハチ・コレクションズ)

在住日本人が一時期に比べて減ったといわれる昨今ですが、いるところにはいるものです。先日「こんなところで?」という場所で日本人に会いました。レッドフックの工房シェアリング・スタジオにて。

豊かさと繁栄が社名に

ここで家具デザイン&制作をしている、職人の飯田修也さん。2009年に来米し、12年に「Hachi Collections」というブランド名で活動開始しました。

「昔から絵や物作りが好きで、中学高校とアートを専攻し、専門学校では家具デザインを学びました。アーティストとして来米したけど、結局物作りの方に行ってしまいました」

社名になっている「Hachi」について、「数式で8は人の豊かさと繁栄を表す数字だそうです。日本だと『数字を使った会社は潰れる』という迷信を聞いたこともありますが、アメリカだから大丈夫かな、と」

宮大工としての経験も持つ同僚、登山享史(とやまたかふみ)さん。現在制作しているのは、マンハッタンにオープンするヘアサロンのキャビネット

 

ショールームも持つ

商品はどれも、木の温かみが伝わってくるような触り心地が良く、丸みを帯びたデザイン

が特徴です。インスピレーションはどこから? との問いに、飯田さんは、「グランドセントラル駅のように、釘を使わずれんがを積み上げてできた建築デザインや、イタリア文明館のように丸みのある宮殿建築が好きです」。

昨年発表したキャビネット「Standing Cabinet With Drawer “POLYNET”」は、インテリア雑誌『Interior Design』の「NYCxDESIGN賞」ファイナリストに選出されました。この作品も1枚板のカーブが特徴です。

クイーンズ・アストリアのラーメン店「Shuya Cafe de Ramen」が同社のショールームです。「年月経つと家具がどういう風合い

になるのか、実際に見ていただけます」と飯田さん(東京・銀座「Ginza Brasserie」も同社の作品)。高額なだけに、「実際に使って試せる」機会はありがたいですね。

ラーメン店「Shuya」も、てっきり飯田さんの経営かと思いきや、こちらは知り合いとのこと。「Shuyaさんがラーメン屋をしたいと言ってきた時、自分もちょうどショールームになる店を探していたので、タイミングが合いました!」

雑誌『Interior Design』の「NYCxDESIGN賞」ファイナリストに選出された、オーク製のキャビネット「Standing Cabinet With Drawer “POLYNET”」(8000ドル)

同社の家具が実際に使われているショールーム兼ラーメン店「Shuya Cafe De Ramen」。クイーンズにある

 

創業者で家具デザイナーの飯田修也さん

 

All Photos © Kasumi Abe

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。