第 6回 美しく生ける準備 

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。


第 6回 美しく生ける準備

今回は、花を飾る花瓶や、アレンジメントを美しく保つ秘訣(ひけつ)についてお話しましょう。

当店で主に使うのは、5×5インチ、もしくは6×6インチのガラスの花瓶です。ある程度の量の花がある場合、経験豊富な私たちにとっては、このサイズが一番使いやすいです。

生ける花の量にもよりますが、一般的に最も花が生けやすいのは、縦に長く、口が小さいタイプの花瓶です。花の本数が少なくてもすっきりまとまりますし、アレンジが横に広がって、崩れてしまうこともありません。

花を入れる口元が少し引き締まったデザインの花瓶だと、花がピタッと止まって生けやすいです。

 

花をきれいに見せる
土台を使ってみよう

口の大きな花瓶に生ける場合、そのまま花を入れていくと、花の位置を固定できないので、花がさまざまな方向に向きを変え、移動してしまいます。こういったアレンジメントには、土台の存在がかかせません。

当店では、花を入れていく前に、まずある程度のグリーナリー(緑)を入れて土台を作り、そこに花を生けていきます。本数がある程度になると、茎がそれぞれ絡んで、おのずと固定されていきます。

その他、これまではオアシスと呼ばれる、スポンジ状の土台が使われてきました。フォームに直接花を刺すのですが、これを使えば、360度花で覆うようなアレンジもできるんですよ。花の飾り方の可能性がグッと広がる、便利なアイテムです。

しかし環境への配慮から、最近は繰り返し使えるチキンワイヤーと呼ばれる格子状のワイヤーを丸め、花を刺してアレンジするようにしています。

当店で開催されるアレンジメント教室でも、このチキンワイヤーを提供しています。これがあると、驚くほどアレンジがしやすくなるんです!

 

飾った後もお手入れ
花ごとに相談を

飾った花をきれいに保つには、水をこまめに変え、キレのいい花用のハサミで茎を切って、花が水を吸いやすい状態を保つことが大事です。

当店でも1日に2回、店の花の手入れをしています。花によっては持ち具合や、切り方なども異なるので、生花店に相談してみてください。

 

今週のアレンジ

異なる形の花を合わせて

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?