第 6回 美しく生ける準備 

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。


第 6回 美しく生ける準備

今回は、花を飾る花瓶や、アレンジメントを美しく保つ秘訣(ひけつ)についてお話しましょう。

当店で主に使うのは、5×5インチ、もしくは6×6インチのガラスの花瓶です。ある程度の量の花がある場合、経験豊富な私たちにとっては、このサイズが一番使いやすいです。

生ける花の量にもよりますが、一般的に最も花が生けやすいのは、縦に長く、口が小さいタイプの花瓶です。花の本数が少なくてもすっきりまとまりますし、アレンジが横に広がって、崩れてしまうこともありません。

花を入れる口元が少し引き締まったデザインの花瓶だと、花がピタッと止まって生けやすいです。

 

花をきれいに見せる
土台を使ってみよう

口の大きな花瓶に生ける場合、そのまま花を入れていくと、花の位置を固定できないので、花がさまざまな方向に向きを変え、移動してしまいます。こういったアレンジメントには、土台の存在がかかせません。

当店では、花を入れていく前に、まずある程度のグリーナリー(緑)を入れて土台を作り、そこに花を生けていきます。本数がある程度になると、茎がそれぞれ絡んで、おのずと固定されていきます。

その他、これまではオアシスと呼ばれる、スポンジ状の土台が使われてきました。フォームに直接花を刺すのですが、これを使えば、360度花で覆うようなアレンジもできるんですよ。花の飾り方の可能性がグッと広がる、便利なアイテムです。

しかし環境への配慮から、最近は繰り返し使えるチキンワイヤーと呼ばれる格子状のワイヤーを丸め、花を刺してアレンジするようにしています。

当店で開催されるアレンジメント教室でも、このチキンワイヤーを提供しています。これがあると、驚くほどアレンジがしやすくなるんです!

 

飾った後もお手入れ
花ごとに相談を

飾った花をきれいに保つには、水をこまめに変え、キレのいい花用のハサミで茎を切って、花が水を吸いやすい状態を保つことが大事です。

当店でも1日に2回、店の花の手入れをしています。花によっては持ち具合や、切り方なども異なるので、生花店に相談してみてください。

 

今週のアレンジ

異なる形の花を合わせて

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。