第 6回 美しく生ける準備 

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。


第 6回 美しく生ける準備

今回は、花を飾る花瓶や、アレンジメントを美しく保つ秘訣(ひけつ)についてお話しましょう。

当店で主に使うのは、5×5インチ、もしくは6×6インチのガラスの花瓶です。ある程度の量の花がある場合、経験豊富な私たちにとっては、このサイズが一番使いやすいです。

生ける花の量にもよりますが、一般的に最も花が生けやすいのは、縦に長く、口が小さいタイプの花瓶です。花の本数が少なくてもすっきりまとまりますし、アレンジが横に広がって、崩れてしまうこともありません。

花を入れる口元が少し引き締まったデザインの花瓶だと、花がピタッと止まって生けやすいです。

 

花をきれいに見せる
土台を使ってみよう

口の大きな花瓶に生ける場合、そのまま花を入れていくと、花の位置を固定できないので、花がさまざまな方向に向きを変え、移動してしまいます。こういったアレンジメントには、土台の存在がかかせません。

当店では、花を入れていく前に、まずある程度のグリーナリー(緑)を入れて土台を作り、そこに花を生けていきます。本数がある程度になると、茎がそれぞれ絡んで、おのずと固定されていきます。

その他、これまではオアシスと呼ばれる、スポンジ状の土台が使われてきました。フォームに直接花を刺すのですが、これを使えば、360度花で覆うようなアレンジもできるんですよ。花の飾り方の可能性がグッと広がる、便利なアイテムです。

しかし環境への配慮から、最近は繰り返し使えるチキンワイヤーと呼ばれる格子状のワイヤーを丸め、花を刺してアレンジするようにしています。

当店で開催されるアレンジメント教室でも、このチキンワイヤーを提供しています。これがあると、驚くほどアレンジがしやすくなるんです!

 

飾った後もお手入れ
花ごとに相談を

飾った花をきれいに保つには、水をこまめに変え、キレのいい花用のハサミで茎を切って、花が水を吸いやすい状態を保つことが大事です。

当店でも1日に2回、店の花の手入れをしています。花によっては持ち具合や、切り方なども異なるので、生花店に相談してみてください。

 

今週のアレンジ

異なる形の花を合わせて

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。