第 5回 花で楽しむクリスマス 

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。



第 5回 花で楽しむクリスマス

クリスマスシーズンの到来ですね! 生花店にとって、1年で最も忙しい時期でもあります。当店のアレンジメントでは、花のアクセントとして普段はレモンリーフやユーカリなどの緑を使いますが、クリスマス感を出すならマツの木(エバーグリーン)です。生のマツは、なんといっても香りがいいですよね。垂れ下がるマツやピンとたったマツなど、質感や色が異なるものがたくさんあるので、この時期は店に2、3種類、常備するようにしています。

マツの実も、アレンジのアクセントとして使えます。

季節の切り替えを表現

ハロウィーンから11月末の感謝祭までは、街はとにかく茶色やオレンジだらけですが、クリスマスシーズンには赤と白、ゴールドなどに切り替わります。

ただ、赤と白の組み合わせは、うまく考えないと少々安っぽく見えるのが難点。私は白と緑でエレガントにまとめたり、あるいは赤一色でそろえます。同系色でも、質感や形が異なるとメリハリが出ますよ。

この時期は南半球から来る、ラナンキュラス(Ranunculus)やシャクヤク(Chinese Peony)が見頃なので、取り入れたいですね。上質で最高のコンディションのシャクヤクは、1本で抜群の存在感! 大きさでは、バラ4本分の価値があるかもしれません。

またこの時期は、アマリリス(Amaryllis)がよく出回ります。1本に大輪の花が数個咲き、華やかですが、他の花と一緒にアレンジするには難しいかもしれません。鉢物で、単独で楽しむのもお勧めです。

ホリデーといえば緑!

リースといえば針葉樹! 緑の葉でぎっしり覆われたモコモコのものがよく売られているので、当店で作る際は少しルースにしたり、華奢(きゃしゃ)にしてみたりと、ナチュラルかつ洗練された形に作るようにしています。お好みで、隙間にマツの実やオーナメントを添えてもかわいいですね。

街の軒先にも多く飾られるガーランドは、自宅の窓辺や扉、暖炉周りに置くと、グッとホリデー感がアップします。花瓶の花と異なり、基本的には水やりも手入れも不要。持ちもいいので、置いておくだけで12月中ずっと楽しめますよ。

この時期には、表が光沢ある緑、裏が茶色の、マグノリア(Magnolia)の葉も活躍しますよ。

 

 

今週のアレンジ

同系色をあわせて、品良くまとめる

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。