第 5回 花で楽しむクリスマス 

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。



第 5回 花で楽しむクリスマス

クリスマスシーズンの到来ですね! 生花店にとって、1年で最も忙しい時期でもあります。当店のアレンジメントでは、花のアクセントとして普段はレモンリーフやユーカリなどの緑を使いますが、クリスマス感を出すならマツの木(エバーグリーン)です。生のマツは、なんといっても香りがいいですよね。垂れ下がるマツやピンとたったマツなど、質感や色が異なるものがたくさんあるので、この時期は店に2、3種類、常備するようにしています。

マツの実も、アレンジのアクセントとして使えます。

季節の切り替えを表現

ハロウィーンから11月末の感謝祭までは、街はとにかく茶色やオレンジだらけですが、クリスマスシーズンには赤と白、ゴールドなどに切り替わります。

ただ、赤と白の組み合わせは、うまく考えないと少々安っぽく見えるのが難点。私は白と緑でエレガントにまとめたり、あるいは赤一色でそろえます。同系色でも、質感や形が異なるとメリハリが出ますよ。

この時期は南半球から来る、ラナンキュラス(Ranunculus)やシャクヤク(Chinese Peony)が見頃なので、取り入れたいですね。上質で最高のコンディションのシャクヤクは、1本で抜群の存在感! 大きさでは、バラ4本分の価値があるかもしれません。

またこの時期は、アマリリス(Amaryllis)がよく出回ります。1本に大輪の花が数個咲き、華やかですが、他の花と一緒にアレンジするには難しいかもしれません。鉢物で、単独で楽しむのもお勧めです。

ホリデーといえば緑!

リースといえば針葉樹! 緑の葉でぎっしり覆われたモコモコのものがよく売られているので、当店で作る際は少しルースにしたり、華奢(きゃしゃ)にしてみたりと、ナチュラルかつ洗練された形に作るようにしています。お好みで、隙間にマツの実やオーナメントを添えてもかわいいですね。

街の軒先にも多く飾られるガーランドは、自宅の窓辺や扉、暖炉周りに置くと、グッとホリデー感がアップします。花瓶の花と異なり、基本的には水やりも手入れも不要。持ちもいいので、置いておくだけで12月中ずっと楽しめますよ。

この時期には、表が光沢ある緑、裏が茶色の、マグノリア(Magnolia)の葉も活躍しますよ。

 

 

今週のアレンジ

同系色をあわせて、品良くまとめる

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。