古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

街の顔となったギフトショップ (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 047)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。

今週はキャロルガーデンズにある「Dear Swallow」です。



Dear Swallow
(ディア・スワロー)

キャロルガーデンに昔からある、ギフトショップを訪ねてみました。

創業21年、街の顔

とある平日の午後、「Dear Swallow」を訪れると、近隣の常連客や学校帰りの学生などが、ひっきりなしにやって来ます。「ずいぶん昔に○○を買ったのだけど、まだあるかな?」「アイスクリーム屋を探しているけど、この辺にあるかしら?」「犬は元気?」と、次々に人がやって来てオーナーのアンさんと会話します。見知らぬ通行人からの質問にも丁寧に応対する、彼女の温かい人柄が伝わってきます。

店がオープンしたのは、ブルックリンが脚光を浴びる随分前の1998年のこと。以来21年にわたって、ずっとこの地に根を張ってきました。「この周辺は随分と変わりました」と、アンさんは振り返ります。なんでも2001年の911テロ事件後、世界貿易センター周辺に住んでいた人々や店は、避難のため次々にブルックリンへ引っ越して来たそう。そのような街の移り変わりを、アンさんはずっと見守り続けてきました。近所の多くの人々に支持されているのは、店と共にアンさんがいつもそこにいる「老舗の安心感」からでしょう。

 

手作りジュエリーから日本製の器まで、世界中から集められた個性的なアイテムがそろう店内

 

アンさんがデザインした、オリジナルの手作りリング(77ドル〜308ドル)

 

 

安全や公正労働も配慮

クールな黒壁と年季の入った木の床が、インテリアのポイントです。店内に散りばめられているのは、ジュエリーや小物たち。ジュエリー作家でもあるアンさんの手作りリングやペンダントは、故郷カリフォルニアの自然や植物を彷彿(ほうふつ)とさせるデザインが特徴です。他にもインドやアフリカ、ヨーロッパなどから集められたアイテムも。日本の噐類(12ドル前後)もあります。「日本の食器は、飾り気がなくエレガントで耐久性にも優れ、人気です」とアンさん。

「有害性のある塗料を使った商品は仕入れない」と、デザイン性に加え安全性にも配慮しています。「うちで扱っているものは、信用しているディストリビューターから仕入れたものだけ」。世界中で行われている不当労働によって作られた物も、輸入しないようにしているそう。経営者としての真っ当な哲学が、長年の人気につながっているようです。

 

ジュエリーデザイナーでもある、オーナーのアンさん

 

同店はギフト探しにもおすすめ

 

 

All Photos © Kasumi Abe

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1126

NYCマラソンが復活! おすすめランニングスポット

2年ぶりに開催されるNYCマラソン。今大会の概要やレースの魅力、ニューヨーク在住ランナーたちが紹介してくれるおすすめランニングスポットをチェックしてみよう。

 

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。