第4回 贈る花、どう選ぶ?

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。



第4回 贈る花、どう選ぶ?

前回までは、花の種類や入荷プロセス、生花の取り扱いについてなどをお話しました。

今回からは、具体的な「花の楽しみ方」についてフォーカスを当てていこうと思います。まず今回は、人に送るための生花選びについて、見ていきましょう。

シチュエーションごとの
花の「見え方」を確認

花を贈るシチュエーションはさまざまです。卒業祝い、お土産、恋人への贈り物、ホームパーティー用などなど。花を選ぶときは、まず「どんな機会のための花がほしいのか」を、生花店で伝えてください。

例えば、ステージ上の人に渡す花束は、腕に抱えた時に見栄えがいいよう、平たく花を並べていきます。

お出掛け先のギフトであれば、持ち運びがしやすいようブーケでお作りしますし、ご自宅へのデリバリーであれば、花瓶にしっかり生けてお送りします。

ホームパーティーへの手土産であれば、会場のディテールも重要なヒントとなります。食事会のテーブルに沿える花であれば、ゲスト同士が会話できるよう、低めで、どの位置からもきれいに見えるように作ります。一方、ビュッフェスタイルの立食メインであれば、少し高く作った方が料理に重ならず、取り分けやすくなります。

狭いアパートで、壁に向けて置くのであれば、片面が美しく見えるように意識します。

このように、一口にデコレーションと言っても、置く場所一つで求められる配慮は異なってくるのです。

 

 

相手によって花を選ぶ

花も、その相手の感性によって好まれる傾向が違うので、その辺りもお客さまに聞くようにしています。

お客さまと相手の関係性(家族、友人、恋人など)が分かると、なおイメージしやすいですね(お友達に赤いバラはロマンチック過ぎますので!)。

持ち運び時間も
しっかり考えよう

花をお勧めする際は、買ってからの持ち運び時間も聞いています。30分程度の距離なら問題ありませんが、例えば3時間水に浸けられないといった場合は、その時間内にしおれてしまいそうな花は避けて提案します。

そういった花の代わりに、比較的持ちの良いバラを提案したりもしますね。

 

 

今週のアレンジ

テーブルを柔らかく彩る自然テイスト

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。