第4回 贈る花、どう選ぶ?

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。



第4回 贈る花、どう選ぶ?

前回までは、花の種類や入荷プロセス、生花の取り扱いについてなどをお話しました。

今回からは、具体的な「花の楽しみ方」についてフォーカスを当てていこうと思います。まず今回は、人に送るための生花選びについて、見ていきましょう。

シチュエーションごとの
花の「見え方」を確認

花を贈るシチュエーションはさまざまです。卒業祝い、お土産、恋人への贈り物、ホームパーティー用などなど。花を選ぶときは、まず「どんな機会のための花がほしいのか」を、生花店で伝えてください。

例えば、ステージ上の人に渡す花束は、腕に抱えた時に見栄えがいいよう、平たく花を並べていきます。

お出掛け先のギフトであれば、持ち運びがしやすいようブーケでお作りしますし、ご自宅へのデリバリーであれば、花瓶にしっかり生けてお送りします。

ホームパーティーへの手土産であれば、会場のディテールも重要なヒントとなります。食事会のテーブルに沿える花であれば、ゲスト同士が会話できるよう、低めで、どの位置からもきれいに見えるように作ります。一方、ビュッフェスタイルの立食メインであれば、少し高く作った方が料理に重ならず、取り分けやすくなります。

狭いアパートで、壁に向けて置くのであれば、片面が美しく見えるように意識します。

このように、一口にデコレーションと言っても、置く場所一つで求められる配慮は異なってくるのです。

 

 

相手によって花を選ぶ

花も、その相手の感性によって好まれる傾向が違うので、その辺りもお客さまに聞くようにしています。

お客さまと相手の関係性(家族、友人、恋人など)が分かると、なおイメージしやすいですね(お友達に赤いバラはロマンチック過ぎますので!)。

持ち運び時間も
しっかり考えよう

花をお勧めする際は、買ってからの持ち運び時間も聞いています。30分程度の距離なら問題ありませんが、例えば3時間水に浸けられないといった場合は、その時間内にしおれてしまいそうな花は避けて提案します。

そういった花の代わりに、比較的持ちの良いバラを提案したりもしますね。

 

 

今週のアレンジ

テーブルを柔らかく彩る自然テイスト

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。

Vol. 1099

元祖ソウルフード ピザ魅力

「アメリカらしさ」「ニューヨークらしさ」が揺らいでも、ピザのうまさは揺らがない。ピザ激戦区・ニューヨークでも「名店」とうたわれる店を食べ比べて、その奥深さに思いをはせてみよう 。

Vol. 1098

春ファッションが楽しくなる かわいい小物にくびったけ!

いよいよ春が到来! 不安の尽きない日々だけど、お気に入りファッションに身を包めば自然と気分もアップするはず。トレンドの小物を取り入れて、今ならではの春ファッションをエンジョイしよう!

Vol. 1097

まだまだ不安の多い時代だからこそ

今すぐ実践 ストレス解消法を一挙紹介!

春の気配とワクチンの普及を感じながらも、まだまだ続く寒さとコロナによって、閉塞感や不安を抱えている人が増えている。身近に手軽にできるものから、ちょっと足を伸ばして行えるストレス解消法までを一挙ご紹介。ストレスを手放し、心身共に健康な状態で春を迎えよう!