第3回 冬をカラフルに彩る 花のあるくらし。

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。



第3回 花の好みの違い

人々の花の好みも、日本とアメリカでは少しずつ異なります。

例えば、日本では母の日の代名詞にもなっているカーネーション(Carnation)は、アメリカでは「安価な花」として、あまり人気がありません。近年当店では、少しずつ、きれいな色合いのカーネーションを取り扱い始めました。しかし、注意深く観察してみると、確かにデリやスーパーの生花コーナーには、カーネーションが格安で売られていますが、生花店には、あまり並んでいないのです。

ではアメリカでは、母の日には何の花をあげるのか? 日本のように決まったものがあるわけではなく、その人の母親が好む花を買っていくようです。バラ(Rose)やシャクヤク(Peony)は、特に女性からの人気が高い花ですね。

初心者には豪華な花

アメリカ人が好むのは、花が大きくて派手なシャクヤクや、ダリア(Dahlia)など。1本あるだけで周囲がぱっと華やぐので、花をよく知らない人でも、選んでおけばミスが少ないかもしれません。

ちなみに、ニューヨーカーはモノクロファッションが好きだといいますが、それは花の趣味でも同じだと、個人的に思います。ニューヨーカーは白い花が好き。花によって少しずつ異なる色味や質感の白を合わせて、シンプルだけどエレガントに演出し、緑を添えるのが、ニューヨーク流です。

 

 

自然派スタイルが流行

花の生け方にも流行があります。ひと昔前までは、花瓶に生けるときは多くの花をぎゅっとまとめ、密度の高い、華やかなアレンジメントに仕上げるスタイルが好まれていました。

昨今では、花に自然な動きをつけて、ふんわりと、少し空間に余裕を持たせ、より花の自然の形を生かしてて飾るのがトレンドです。テクニックよりも感性を重視するものなので、より多くの人が気軽に試せるトレンドですよね。少ない本数で楽しめるのも、人によってはうれしいポイントでしょうか。

花の種類にもよりますが、当店で買ったものは、平均で1週間ほど、美しさが続きます。毎日水を替えたりしていれば、さらに長く楽しめるものもありますよ。いろんな花を生けてみて、お気に入りを探してください。

 

今週のアレンジ

流れるような自然の動きを強調

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。

Vol. 1149

ニューヨークで犬猫と過ごす快適ライフ

マンハッタンを歩けば道やカフェ、ショップなどでもたくさんの犬を見掛けるほど、ニューヨークはドッグフレンドリーな街。最近ではさまざまなサービスやグッズ、ペットフードも充実し、家族の一員として迎えやすくなっている。最近のペット市場を覗いてみよう。