グローバル時代の子育て

その56 算数はバイリンガルの命綱

海外の学校に通う日本人子弟にとって、「算数」は大切な教科です。英語を第二言語とする子どもたちは、現地校の勉強に適応できず「自分はムリ!」と自信喪失しがち。そんなバイリンガルを救ってくれるのが、「算数」です。

英語力が弱くても、数字を扱う算数の授業にはついていくことができます。概して、日本人の子どもは計算が得意です。きっと家庭でも計算問題に取り組ませているのでしょう。「計算力」に関しては、外国人のクラスメートよりも優れている子が多いのです。他の教科では太刀打ちできなくても、算数では「自分は負けない!」という自信を得ることができるのです。

計算はいくら先取り
させても構わない

日本人の子どもにとって、算数(計算)は強みです。強みは大いに伸ばしてあげてください。日本には優れた計算プリントがたくさんありますから、それらを活用してください。「計算」については、学校の授業ペースに合わせる必要はありません。どんどん先取りさせましょう。

また、日本の「そろばん」を習わせるのもお勧めです!そろばんは、計算力はもちろん、イメージを操作する力や思考力も鍛えてくれます。「暗算」ができる子は、「どんな魔法をつかっているの?」と世界中で驚かれます。

インド人は、様々な数字トリックを使って暗算することを「遊び」として学びます。車のナンバープレートの数字を足したり掛けたりして切りの良い数字を作ってみたり、どう計算したら楽で正確なのかを考えたり、頭の中で数字を操る訓練を、遊びの中で鍛えているのです。

 

 

文章題はクリティカル
シンキングが必要

「計算」は得意な日本人ですが、問題は「算数の文章題」です。実社会での応用力を重視する海外の算数は、「文章題」がやたらと多いのです。当然、文章題を解くには英語の「読解力」が要求されます。

さらに「クリティカルシンキング=批判的思考力」を重視する海外の算数は、わざとミスを誘うような問題が多いのです。「批判的思考」とは、問題の本質を見極め、適切な問題解決を行う思考法です。

欧米流の文章題に対応するには、英語の「算数用語」を「正しく」理解することが不可欠です。たとえば、「More than 3」 は「3以上」ではありません。「3より大きい数」です。「Greater than 3」も「3以上」ではありません。「3より大きい数」です。「No less than 3」は「3以上」です。「3」を含みます。「Less than 3」は「3未満」です。「3」は含みません。

他にも、「leastmost」「smallestgreatest」「more」「fewer」「half」「halves」「quarter」「hundredstens」「ones」などの英語の算数用語を、正しく理解させてあげてください。

シンガポールマスは
効果あり!

シンガポールマスは、計算の視覚化、文章題の視覚化を通して算数の問題を解いていくものです。日本式とは少し手順が違いますが、英語の文章題の練習に効果的なのでドリルを購入し、家庭でも取り組ませることをお勧めします。

船津徹 (ふなつ・とおる)

TLC for Kids代表 教育コンサルタント

1990年明治大学経営学部卒業。大学卒業後、金融会社勤務を経て幼児教育の権威、七田眞氏に師事。
しちだ式教材制作に従事。2001年ハワイ州ホノルルにてグローバル教育を行う学習塾
TLC for Kidsを開設。
2015年に
TLC for Kidsカリフォルニア州トーランス校開設。2017年上海校開設。
アジア諸国からの移民子弟を中心に4000名以上のバイリンガルの子どもの教育に携わる。
イエール大学、ペンシルバニア大学など米国のトップ大学への合格者を多数輩出。
著書に「すべての子どもは天才になれる、親(あなた)の行動で。」(ダイヤモンド社)、「世界で活躍する子の〈英語力〉の育て方」(大和書房)。

 

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!