③投資物件の選び方

今月のテーマ:ハワイの不動産

今回は、ハワイでの投資物件の購入に関する情報と、物件の売却時の注意など、その他知っておきたいポイントを、専門家が解説する。税金制度の違いなども、しっかり理解しておこう。

 

Q. ハワイの投資目的の物件の選び方を教えてください


A.

ワイキキ周辺のホテル・コンドミニアムの他、これからの新しい物件やエリアは人口増加が見込まれるので、住居の先行投資として、開発物件を購入するのも一つの考えです。現在ニューヨーク在住で、これからハワイ移住を考えたいという人が、3年後に完成予定の建設中物件を現時点で購入するケースもあります。

ニューヨークと違って、常にあちこちに新築物件が建つわけでないので、築浅の物件価値は下がりません。今から押さえておくと、結果的に投資でも好条件につながります。

日本の「青田買い」より法律もしっかりしているので、登記的に崩れづらいという特徴もあります。第一期は安く、だんだん高騰していきますので、早めの購入がカギとなります。

 

Q. 節税対策の物件の特徴には、どんなものがありますか?


A.

日本の節税に効く投資物件には、コンクリート製で築47年、木造だと22年以上経過している必要があります。ハワイに木造は少なく、またワイキキのコンクリート製の物件は数が限られてきます。

約60年前にアメリカ合衆国の一部となったハワイでは、50年越えの物件というものは、まだまだ数が少ないのが現状です。

 

Q. ハワイで不動産投資を行う人の特徴は?


A.

アメリカでの不動産投資、特にハワイの物件は、リピーターが非常に多いです。毎年のように購入される人もいますよ。

ハワイで投資を始めて、アメリカでの不動産投資の面白さに目覚め、よりチャレンジングな条件の物件に買い換えるケースも、珍しくありません。

 

 

Q. 税金に関する注意点はありますか?


A.

ニューヨークに比べ、固定資産税も安いです。ニューヨークでは一般的ではない、エスクローシステム(弁護士の代わりに取引専門会社が第三機関となり、登記を行うこと)が適応されます。そのため、ニューヨークよりも出費が抑えられるかもしれません。

 

Q. 売却時の注意点を教えてください。


A.

売却を考える際、日本の不動産にはない制度として、源泉徴収がありますので、特に日本から来たばかりの人は注意しましょう。

ハワイ州のタックスリターンでは、連邦政府は15%、ハワイ州が7・25%。つまり利益にかかわらず、売値の22・25%が、源泉徴収として一旦ホールドされます。一時的にキャッシュフローが変わると思いますので、あらかじめ注意しておきましょう。

 

Q. ハワイに移住・投資をする際に、注意したいことは?


A.

移住を考えている人には、物価の高さがデメリットとして挙げられます。カリフォルニアやニューヨークに比べると、そこまでではありませんが、日本から移住を考えている人には高く感じるかもしれません。また島なので、行動範囲が本土より狭くなることは否めません。人によっては、暮らしに飽きてしまうこともあるようです。

投資物件を購入する際も、この辺りの条件を理解しておくことが重要ではないでしょうか。

〈おことわり〉

当社は、今月の掲載記事(全3回)の内容に関して、一切責任を負いかねます。詳細は各専門家にご相談ください。

 

畑華子さん

スターツ代表。ハワイ、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンノゼなどを担当。
ハワイ在住25年。青山学院大学を卒業後、ハワイ大学大学院にて経営学修士を取得。
宅地取引士、ハワイ州ブローカー免許取得。
NPO法人ハワイシニアライフ協会理事。

 

Starts International Hawaii, INC.

TEL: 808-947-2280
info@startshawaii.com
startshawaii.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1083

大人がたしなむゲーム

室内で過ごす時間が多いであろう、ストレスフルなこの冬は、非日常に没頭できるデジタルゲームを楽しもう。今号は普段ゲームをしない人でもトライしやすい、お手軽な作品を紹介。

Vol. 1082

ニューヨークで故郷の味

一時帰国できなくても、ニューヨークにはおいしい日本食がある! 今号では、沖縄・北海道・福岡・大阪の郷土料理を提供するレストランを紹介。

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。