古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

全米最優良のスーパー (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 046)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。

今週はネイビーヤードにオープンした「Wegmans」です。



Wegmans
(ウェグマンズ)

 

ビルの屋上農園やウイスキー蒸溜所など、個性的なスポットが集まり、ブルックリンで最も注目されているネイビーヤード地区。ここにスーパーの大チェーン「Wegmans」が10月27日にオープンしました。待望の市内初進出です。

全米上位にランクイン

スーパーに入って私が思ったのは「わぁ、広い!」でした。店のスタッフによると、全101店舗の中でブルックリン店は6874平方メートルと狭い方ですが、それでも市内の他のスーパーに比べると、断然広く、品物が充実しています。

まず同店の基本知識からおさらい。「Wegmans」は創業103年で、家族経営。1916年に州北西部ロチェスター市で、現会長ダニー・ウェグマン氏の祖父あたるウォルター&ジョン兄弟がグロッサリー店をオープンしたのが始まりです。展開するのは、ニューヨーク州、ペンシルベニア州、ニュージャージー州、バージニア州、メリーランド州、マサチューセッツ州と、東海岸のみというこだわりよう。

同店は、従業員の満足度の高さでも知られていて、フォーチュン誌が今年発表した「働きがいのある会社ベスト100」で第3位に選ばれました。店内はスタッフの数が多く、質問にも親切に答えてくれ、満足度が顧客にも伝わって来ます。

 

6874平方メートルの広い店内には、オーガニック商品も充実している

 

350種が並ぶチーズセクション。パーティー用オードブルもある

 

 

健康系商品も充実

ベーカリーやチーズの種類、また自然系のウェルネスコーナーも1ロウに設けられています。全米で注目が高まるCBD(カンナビジオール)をはじめ、アレルギーフリー、グルテンフリー、ビーガン、プロバイオティクス商品が集まり、一見の価値あり。

日本人としては、新鮮な鮮魚やすしが充実し、みそや神戸牛などもあるのはうれしいです。フードコートもあり、2階で休憩がてら食べられます。パブも併設。

区内在住の瀧上妙子さんは、ロティサリーチキンやチーズなどを買いに来たとのこと。「オーガニック食品も充実し、他店と比ベて安いように思いました」。

パーティー用の大きめのオードブルやローストチキン、ピザも充実していて、サンクスギビングにもおすすめ。ぜひエコバッグ持参で!

 

鮮魚コーナーも広く、生きているロブスターもある

 

グルテンフリー商品なども、たくさんそろう

 

 

 

All Photos © Kasumi Abe

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1126

NYCマラソンが復活! おすすめランニングスポット

2年ぶりに開催されるNYCマラソン。今大会の概要やレースの魅力、ニューヨーク在住ランナーたちが紹介してくれるおすすめランニングスポットをチェックしてみよう。

 

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。