古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

全米最優良のスーパー (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 046)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。

今週はネイビーヤードにオープンした「Wegmans」です。



Wegmans
(ウェグマンズ)

 

ビルの屋上農園やウイスキー蒸溜所など、個性的なスポットが集まり、ブルックリンで最も注目されているネイビーヤード地区。ここにスーパーの大チェーン「Wegmans」が10月27日にオープンしました。待望の市内初進出です。

全米上位にランクイン

スーパーに入って私が思ったのは「わぁ、広い!」でした。店のスタッフによると、全101店舗の中でブルックリン店は6874平方メートルと狭い方ですが、それでも市内の他のスーパーに比べると、断然広く、品物が充実しています。

まず同店の基本知識からおさらい。「Wegmans」は創業103年で、家族経営。1916年に州北西部ロチェスター市で、現会長ダニー・ウェグマン氏の祖父あたるウォルター&ジョン兄弟がグロッサリー店をオープンしたのが始まりです。展開するのは、ニューヨーク州、ペンシルベニア州、ニュージャージー州、バージニア州、メリーランド州、マサチューセッツ州と、東海岸のみというこだわりよう。

同店は、従業員の満足度の高さでも知られていて、フォーチュン誌が今年発表した「働きがいのある会社ベスト100」で第3位に選ばれました。店内はスタッフの数が多く、質問にも親切に答えてくれ、満足度が顧客にも伝わって来ます。

 

6874平方メートルの広い店内には、オーガニック商品も充実している

 

350種が並ぶチーズセクション。パーティー用オードブルもある

 

 

健康系商品も充実

ベーカリーやチーズの種類、また自然系のウェルネスコーナーも1ロウに設けられています。全米で注目が高まるCBD(カンナビジオール)をはじめ、アレルギーフリー、グルテンフリー、ビーガン、プロバイオティクス商品が集まり、一見の価値あり。

日本人としては、新鮮な鮮魚やすしが充実し、みそや神戸牛などもあるのはうれしいです。フードコートもあり、2階で休憩がてら食べられます。パブも併設。

区内在住の瀧上妙子さんは、ロティサリーチキンやチーズなどを買いに来たとのこと。「オーガニック食品も充実し、他店と比ベて安いように思いました」。

パーティー用の大きめのオードブルやローストチキン、ピザも充実していて、サンクスギビングにもおすすめ。ぜひエコバッグ持参で!

 

鮮魚コーナーも広く、生きているロブスターもある

 

グルテンフリー商品なども、たくさんそろう

 

 

 

All Photos © Kasumi Abe

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。