第2回 冬をカラフルに彩る 花のあるくらし。

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。



第2回 良い花・悪い花

生花は、専門店はもちろん、スーパーやデリなど、ニューヨーク市内のあちこちで売られています。ただ、どこで買っても同じ︱︱というわけではなく、仕入れルートごとに花の質は大きく変わるものです。

私の店で扱う花は、輸入前に原産国で厳しいスクリーニングが行われているので、一定以上の質のものだけが届きます。

そして店舗では1日1、2回、茎をカットしたり水を入れ替えたりして新鮮さを保ち、できるだけ長く、最高のコンディションを維持できるように、管理しています。

安い花は気軽だけど…

一方、デリやスーパーマーケットで売られている花は、ほとんどが南アメリカ産。多少グレードが下がるカーネーションや、菊、低品質のバラなどです。季節によっては、シャクヤク(Chinese peony)なども、デリで手軽な値段で売られていることもあります。

いずれも、比較的持ちのいい花が多いのですが、生花店の様にひんぱんに手入れはされませんので、店先でどんどんしおれていってしまっています。

値段設定はかなり低いですのでお手軽ですし、食料品の買い出しのついでに、家に花を、という場合は、大いに利用する価値はあると思いますよ。

ただ、花の大きさ、色合いの良さ、花弁の多さなど、総合的に見ると、やっぱり生花店にあるグレードの高いものの方が、格段に良いのです。

ベストの原産地で育った、質やコンディションの良い花が欲しい、などという場合は、やはり花のプロである私たちのいる、生花店を利用することをオススメします。

 

 

つぼみに「見える」花?

ちなみに、デリなどで花を買うときに、硬く閉じた状態の花、たまにありますよね。「これから咲くかもしれない!」とお得に感じるかもしれませんが、これも「そう思わせる」ためのトリックであることが多いので、注意です。

収穫された状態で未熟なつぼみだった場合、咲かせるためには、かなりこまめな手入れをしなければなりません。あるいは、そこから咲くことのない花かも。また、粗悪な花を扱う店によっては、開いてしまった外側の花弁を取り、芯だけ残した状態で売っているところもあります。

 

今週のアレンジ

同系色をあわせて、品良くまとめる

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。