第2回 冬をカラフルに彩る 花のあるくらし。

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。



第2回 良い花・悪い花

生花は、専門店はもちろん、スーパーやデリなど、ニューヨーク市内のあちこちで売られています。ただ、どこで買っても同じ︱︱というわけではなく、仕入れルートごとに花の質は大きく変わるものです。

私の店で扱う花は、輸入前に原産国で厳しいスクリーニングが行われているので、一定以上の質のものだけが届きます。

そして店舗では1日1、2回、茎をカットしたり水を入れ替えたりして新鮮さを保ち、できるだけ長く、最高のコンディションを維持できるように、管理しています。

安い花は気軽だけど…

一方、デリやスーパーマーケットで売られている花は、ほとんどが南アメリカ産。多少グレードが下がるカーネーションや、菊、低品質のバラなどです。季節によっては、シャクヤク(Chinese peony)なども、デリで手軽な値段で売られていることもあります。

いずれも、比較的持ちのいい花が多いのですが、生花店の様にひんぱんに手入れはされませんので、店先でどんどんしおれていってしまっています。

値段設定はかなり低いですのでお手軽ですし、食料品の買い出しのついでに、家に花を、という場合は、大いに利用する価値はあると思いますよ。

ただ、花の大きさ、色合いの良さ、花弁の多さなど、総合的に見ると、やっぱり生花店にあるグレードの高いものの方が、格段に良いのです。

ベストの原産地で育った、質やコンディションの良い花が欲しい、などという場合は、やはり花のプロである私たちのいる、生花店を利用することをオススメします。

 

 

つぼみに「見える」花?

ちなみに、デリなどで花を買うときに、硬く閉じた状態の花、たまにありますよね。「これから咲くかもしれない!」とお得に感じるかもしれませんが、これも「そう思わせる」ためのトリックであることが多いので、注意です。

収穫された状態で未熟なつぼみだった場合、咲かせるためには、かなりこまめな手入れをしなければなりません。あるいは、そこから咲くことのない花かも。また、粗悪な花を扱う店によっては、開いてしまった外側の花弁を取り、芯だけ残した状態で売っているところもあります。

 

今週のアレンジ

同系色をあわせて、品良くまとめる

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。