ダイヤモンド商:石田多叡子 X 不動産エージェント:山崎里香

テーマ:喜春さんの思い出

共に「ニューヨーク京都倶楽部」に所属する、石田多叡子さんと山崎里香さんが、故・中村喜春(きはる)さんについて語った


——今回の対談のテーマは、中村喜春さんとのことですが、2人の共通の友人ですか?

山崎 私は1999年にニューヨークに来ましたが、2004年に亡くなった喜春さんと直接の面識はありません。

石田 私は彼女の生前、よくしていただきました。外ではいつでも日本髪を結って、着物をきちっと着ている人だったんですよ。

山崎 ニューヨークで一人で着物を着るって、すごく勇気が要りますよね! 日本人のプライドだったのかな。

私が喜春さんを知ったきっかけは、クイーンズ区ジャクソンハイツの、彼女の自宅の売却をお手伝いしたことです。そこも総和風で、すごかったですよ。広いリビングは全て畳張りで、障子やふすまもあって!

その家に着物や新品の扇子などが、大量に残されていたんです。どう処分しようかと思って、多叡子さんなら着物についてもご存知かと思って相談したら、「喜春さんならよく知ってますよ」と。驚きました。

石田 私たちは元々、東日本大震災の追悼記念式典で出会って、「京都倶楽部」でご一緒しているんですけど、まさか喜春さんと共通のご縁ができるとは。

——石田さんは喜春さんとはどう出会ったのですか?

石田 喜春さんのことは、当地の日本人みんなが知っていました。私がニューヨークに来たばかりのころ、古い着物や帯を加工販売していた男性を手伝っていたんですけど、そこによく喜春さんが来ていました。

当時のニューヨークには日本人もそんなにいなかったし、狭いコミュニティーだったんですよ。行く飲み屋もみんな同じで、そこで情報交換をしていた。誰もが横並びで、「ムラ社会」ができなかったですね。

山崎 良い時代ですねえ。そう思うと、今のニューヨークの日系コミュニティーに、そういう「誰もが知っている人」は、あまりいないかもしれませんね。

——喜春さんとは、どんな人だったのでしょう?

石田 不思議な雰囲気で、でもチャキチャキしている人。頭が良い人だったのだと思います。ニューヨークにいらしたのは1958年ですね。芸者さんで、外国人を接客するために英語を学び、外交官と結婚された。そういう経験を経て、来米されたんです。

日本文化にとても精通している人だったので、「蝶々夫人」を上演するメトロポリタンオペラへ着付けを教えに行ったり、マイアミの大学で、三味線や長唄などを教えたりもしていたそうです。私の主人も、喜春さんから三味線と長唄を、ほぼ強制で習わされていました(笑)。

山崎 強制なんですね(笑)。私は喜春さんが書かれた本を通して、彼女を知りました。そこに書いてあったのですが、喜春さんの著書を読んで感銘を受けた日本の若い子やその親が、喜春さんに会いたいと連絡してきて、その若い子たちを実際にご自宅に住まわせていたそうです。

石田 そうそう。「家に住んでる子が、彼氏ができて妊娠したから、出て行くって言うの。大丈夫かしら」と、喜春さんが心配していたこともありましたよ。

山崎 他には、「今の若い子の日本語は汚い」とも書いてらっしゃる。

石田 私はその話を「(汚くて)すいません」って言いながら聞いていたの(笑)。多芸を極める芸者さんとして、日本文化に誇りを持っていたのでしょうね。

ご自身が受け入れられたからか、アメリカのことは大好きだったみたいですよ。

山崎 ご自宅を担当することになった時は、そんなすごい人だったとは、思わなかったな。

石田 私は一時帰国するたびに、喜春さんから買い物を頼まれたりしていましたが、プライベートな話はそこまで深く知っているわけではなかったので、逆に今、こうして著書を読んで、色々知りました。人の縁ってなんだか不思議ですね。

思い出のたくさん詰まった家でした—山崎

喜春さんのことは、みんなが知っていた —石田

 

 

 

 

写真左:石田多叡子

1980年、夫の大手ダイヤモンド会社入社に伴い来米。設立したコーポレートアイデンティティ(CI)会社で、10年間開発プロジェクトに携わった後、92年に夫が経営するダイヤモンドの卸売業「EXRoyal」の副社長に就任。ボランティアとして、ニューヨークで開催される多くの日系イベントの企画・運営に携わる。

 

写真右:山崎里香

古本不動産所属の不動産エージェント。1999年に来米。2004年にFashion Institute of Technologyを卒業。16年にニューヨーク州ブローカーライセンスを取得。約2年で100件以上の賃貸契約の経験を持ち、現在、売買物件にも力を入れている。
rika@furumoto.comfurumoto.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。