古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

女子目線で選ぶセレクト店 (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 044)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。

今週はグリーンポイントにある「A. Cheng」です。



A.
Cheng(エー・チェン)

パークスロープ地区に伸びるバーゲンストリートは、カラフルな店が多い通り。まるでヨーロッパにあるかのような、おしゃれなリテール店やカフェが軒を並べています。中でも特に目を引くのが、ペパーミントグリーンの外観に真っ赤な看板がかわいらしい「A. Cheng。この地で10年以上、女子力が高い地元の人を中心に、長年支持され、信頼を寄せられています。

老舗ブランド出身

「ようこそ!」と出迎えてくれたのは、オーナーのアリス・チェン。彼女は、ファッション業界20年以上になる、この道のベテランです。

幼少のころから絵を描くのが大好きでしたが、コンサバティブな両親から「安定した仕事に就いてほしい」と言われて育ってきました。そこで「まずは、会社員として働くことを選びました」と、就職した会社が、有名ブランドのトミー・ヒルフィガー。1997年から女性ライン専用のデザイナーとして活躍しました。

2年間在職し、デザイナーとしておおよそ基本的な知識を身に付けた後、自身でセレクトショップを持とうと独立。2001年のことです。最初はマンハッタンのイーストビレッジに店を構え、その後ブルックリンのパークスロープの5アベニューに移り、06年に今の場所にやってきました。

 

トミー・ヒルフィガーの元デザイナーで、ファッション業界20年以上のオーナー、アリス・チェン

 

今も自身でデザイン

ショップで取り扱っているのは、繊細な「Jane D’Arensbourg」など地元ブルックリン・ブランドから海外ブランドのものまで、さまざま。中でも、上品なデザインが印象的なフランス発の「Sessùn」、インドの職人によって作られた「Ace & Jig」、日本発の「miiThaaii」や「Ichi Antiquites」が人気です。

母親業もこなすアリスは忙しい日々ながら、今でも自分で洋服のデザインをしています。店に置いている商品の25%は、自身のブランド「A. Cheng」のもの。残りは、彼女のお眼鏡にかなったものをセレクトしたものです。

「陶器も作っているんですよ」と、奥の棚に陳列された商品を見せてくれました。洋服も陶器も、手に取ると手作りの温かさが直に伝わってきました。

パークスロープ地区に伸びるバーゲンストリートは、カラフルな店が多い通り。まるでヨーロッパにあるかのような、おしゃれなリテール店やカフェが軒を並べています。中でも特に目を引くのが、ペパーミントグリーンの外観に真っ赤な看板がかわいらしい「A. Cheng。この地で10年以上、女子力が高い地元の人を中心に、長年支持され、信頼を寄せられています。

 

(左から)「Sessùn」のワンピース(260ドル)と、「Ace & Jig」のトップス(270ドル)

 

繊細な「Jane D’Arensbourg」のリング(95〜140ドル)や、アリス作の陶器(150ドル)

 

アリスがセレクトしたアイテムがずらりと並ぶ店内。現在、秋モノも続々到着中

 

 

All Photos © Kasumi Abe

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。