古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

女子目線で選ぶセレクト店 (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 044)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。

今週はグリーンポイントにある「A. Cheng」です。



A.
Cheng(エー・チェン)

パークスロープ地区に伸びるバーゲンストリートは、カラフルな店が多い通り。まるでヨーロッパにあるかのような、おしゃれなリテール店やカフェが軒を並べています。中でも特に目を引くのが、ペパーミントグリーンの外観に真っ赤な看板がかわいらしい「A. Cheng。この地で10年以上、女子力が高い地元の人を中心に、長年支持され、信頼を寄せられています。

老舗ブランド出身

「ようこそ!」と出迎えてくれたのは、オーナーのアリス・チェン。彼女は、ファッション業界20年以上になる、この道のベテランです。

幼少のころから絵を描くのが大好きでしたが、コンサバティブな両親から「安定した仕事に就いてほしい」と言われて育ってきました。そこで「まずは、会社員として働くことを選びました」と、就職した会社が、有名ブランドのトミー・ヒルフィガー。1997年から女性ライン専用のデザイナーとして活躍しました。

2年間在職し、デザイナーとしておおよそ基本的な知識を身に付けた後、自身でセレクトショップを持とうと独立。2001年のことです。最初はマンハッタンのイーストビレッジに店を構え、その後ブルックリンのパークスロープの5アベニューに移り、06年に今の場所にやってきました。

 

トミー・ヒルフィガーの元デザイナーで、ファッション業界20年以上のオーナー、アリス・チェン

 

今も自身でデザイン

ショップで取り扱っているのは、繊細な「Jane D’Arensbourg」など地元ブルックリン・ブランドから海外ブランドのものまで、さまざま。中でも、上品なデザインが印象的なフランス発の「Sessùn」、インドの職人によって作られた「Ace & Jig」、日本発の「miiThaaii」や「Ichi Antiquites」が人気です。

母親業もこなすアリスは忙しい日々ながら、今でも自分で洋服のデザインをしています。店に置いている商品の25%は、自身のブランド「A. Cheng」のもの。残りは、彼女のお眼鏡にかなったものをセレクトしたものです。

「陶器も作っているんですよ」と、奥の棚に陳列された商品を見せてくれました。洋服も陶器も、手に取ると手作りの温かさが直に伝わってきました。

パークスロープ地区に伸びるバーゲンストリートは、カラフルな店が多い通り。まるでヨーロッパにあるかのような、おしゃれなリテール店やカフェが軒を並べています。中でも特に目を引くのが、ペパーミントグリーンの外観に真っ赤な看板がかわいらしい「A. Cheng。この地で10年以上、女子力が高い地元の人を中心に、長年支持され、信頼を寄せられています。

 

(左から)「Sessùn」のワンピース(260ドル)と、「Ace & Jig」のトップス(270ドル)

 

繊細な「Jane D’Arensbourg」のリング(95〜140ドル)や、アリス作の陶器(150ドル)

 

アリスがセレクトしたアイテムがずらりと並ぶ店内。現在、秋モノも続々到着中

 

 

All Photos © Kasumi Abe

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1130

今年は75周年のメモリアルイヤー! NBAを見に行こう!

レギュラーシーズン開幕から約1カ月。創設75周年を迎えたNBAは、今季ならではのイベントが盛りだくさんだ。今、話題のNBA系YouTuber、Rikuto AFさんとニコラス武さんの解説と共に、その魅力を紹介する。

Vol. 1129

NYC新市誕生! エリック・アダムス氏を解剖

2日に行われたニューヨーク市の市長選で民主党のエリック・アダムス氏が当選し、次期ニューヨーク市長に就任する。エリック・アダムス氏とはどんな人物なのか? そして今後のニューヨークはどう変わるのか?

Vol. 1128

ビザ最新情報 2021秋冬版

2023年度DV(移民多様化)抽選永住権の米国務省受付が、9日正午で終了した。今号では、H、E、L、Oビザなどの非移民ビザや永住権に関する最新情報を紹介する。

Vol. 1127

今年は何する? もうすぐサンクスギビングデー!

いよいよサンクスギビングデーがやってくる。今年は例年のパレードも復活し、感謝祭ディナーに大セールと楽しいイベントがめじろ押し。日本人にはなじみない文化とはいえ、せっかくアメリカに住んでいるのなら目いっぱい楽しまなきゃ損! 今号はそんなサンクスギビングを存分に満喫するための情報をお届けする。