T.I.C.グループ代表 八木秀峰

T.I.C.グループ代表の八木秀峰さんが念願のアメリカの地を踏んだのは、今から51年前のことだった。

4歳で父親を病気で亡くし、母親に女手一つで育てられた。志願して少年自衛隊に入隊、1年遅れで銚子市立高校にも入学。卒業後は英語科のある東京の大学に進む予定だったが、試験当日に受験に遅れ、大学進学の道が閉ざされてしまった。「じゃあ英語圏の国に行く」と、アメリカ行きを決めた。

1968年、現金500ドルを握って横浜から船に乗り、サンフランシスコからフィラデルフィアに到着。市内の黒人街でガソリンスタンドの店員や皿洗い、バーテンダーなどをやった後、ボストン近郊のマーサズヴィニヤード島で、焼き鳥店「ミスター・テリヤキ」を始めた。そこで得た利益をもとにトラックを買い、ニューヨークに移動して青果店を開始。野の注文を取って回りながら、24時間営業のダイナーをオープンした。「それが、私の歴史で最初となるレストランでした」と八木さんは振り返る。

そして84年、イーストビレッジに手頃なビルを購入し、江戸前すし店「波崎」をオープン。当時は治安が悪く廃墟だらけの地区だったが、「これから必ず日本食が伸びる」という先見の明があった。その読み通り、どんどん客は増え続けた。その後「しゃぶ辰」「でしべる」「酒蔵」「蕎麦屋」などを開店。その勢いは現在もとどまることがない。日本食文化の普及のため、理事も務める「五絆協会」から毎年ニューヨークのシェフを金沢に送る活動も行う。

「『そんなにいろいろやらないで、ひとつだけやれば』とよく人に言われるんですが、時代に合った日本の食べ物を世界に紹介したくて、いろんなことをやっています」

これからは、外国で料理を学んで腕を磨いた日本の若者に、ニューヨークで独自の食文化を発信し、一緒に盛り上げていきたいと期待している。

そんな八木さんも71歳だが、時代を先取りした斬新なアイデアを出し、実現していく行動力は衰えを知らない。

「『我後悔せず』という宮本武蔵の言葉があります。自分が責任を持ってやっていれば後悔しない、という意味で、私の座右の銘です」

現在も1日おきにジムのプールで30分泳ぎ、さまざまな地域を気ままに旅して、世界中の人と交流することを楽しんでいる。

「山に登ったら必ず降りてこなくちゃならない。でも、登頂に成功して降りて来る時、人は達成感と安心感から注意力を失い、けがをする。ビジネスも同じで、浮き沈みがある中で下がったその時に、立ち直る強い精神力を鍛えておくことが大切。失敗を恐れていたら成功はないので、自分がやりたいことは、どんどん実現して欲しい」

 

八木秀峰(やぎ・しゅうほう)

茨城県生まれ。1968年来米。
ニューヨークで24時間営業の店や八百屋を営み、
84年にイーストビレッジに江戸前すし店「波崎」を開店。
現在「酒蔵」「しゃぶ辰」「茶菴」「蕎麦屋」「咖屋」など、和食16店舗を経営。
2017年、農林水産省から日本食海外普及功労者表彰を受けた。
tic-nyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。