古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

イタリア発人気ジュエリー (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 040)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。

今週はコブルヒルにある「Monica Castiglioni」です。



Monica Castiglioni 
(モニカ・カスティリオーニ)

日本からブルックリン観光に来る知人が「このジュエリーの大ファンなのでお店に必ず行きたい」ということでリクエストが来ました。どんなブランドか気になったので訪れました。

海外進出の第1号店

ミラノ発のジュエリーブランド「Monica Castiglioni」は、ジュエリーデザイナーとして40年の経験を持つモニカ・カスティリオーニさんが、2010年に旗揚げしました。

当地ではMoMAストアで初お目見えを果たし、ソーホーの人気店(MOSS、現在閉店)にも置かれていました。ファンからの要望に応え、16年、アメリカ進出を果たし、この場所にオープンしました。その2年後にはイタリアのシシリアに3号店をオープン。モニカさんは通常ミラノのアトリエ兼ショールームかシシリア支店で創作活動をしています。

 

 

決して主張し過ぎない、ピスティル(雄しべ)を思わせるオーガニックなデザインが特徴的

 

ブルックリンのショールームは、木目とグレーの壁を基調に、ギャラリーとも倉庫とも工房とも思わせるようなクリエーティブな空間。ブランドの特徴の一つである、ピスティル(雄しべ)を思わせるオーガニックなデザインで、繊細かつ上質のジュエリーやファッション小物が並んでいます。

 

 

ギャラリーとも倉庫とも思わせる、個性的な空間

 

ネックレス(675ドル)

 


日本に初出店が決定

当店を仕切るのは、マネジャーのサラさんと、プレス&イベントキュレーターのフランチェスカさん。フランチェスカさんは、『Art Parks: A Tour of America’s Sculpture Parks and Gardens』(13年)という本も出版していて、瀬戸内国際芸術祭などアートの地として有名な、香川県直島に毎年訪れるほどの芸術&日本通。

彼女は言います。「日伊にはさまざまな価値観に共通点がある。ジュエリーの美的感覚も似ているわね」

確かに日本では純金のジュエリーより、上品で質感のよいものが人気。「Monica」の世界観と似ています。同店では陶器のアーティスト、額賀(ぬかが)章夫さんの展示も年1度クリスマスシーズン前に行っています。また20年春、日本初出店を果たし、4号店は福岡になるそう。日本でもファンがますます増えていきそうです。

 

ストアマネージャーサラさん(左)とプレス担当のフランチェスカさん

 

All Photos: © Kasumi Abe

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。