古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

センスあるお土産探しに (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 039)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。

今週はゴワヌスにあるGowanus Souvenir Shopです。

 


センスあるお土産探しに

Gowanus Souvenir Shop (ゴワヌス・スーベニア・ショップ)

かつてギャング同士の抗争が激しく、死体が浮いていた時代もあるとかないとかで(?)、長きにわたり悪名高かった通称「ドブ川」のゴワヌス運河。この運河を起点に、ゴワヌス地区は倉庫を利用したおしゃれな店やアートスペース、アクティブスポットが次々にオープンし、町歩きの楽しいエリアに生まれ変わりました。

以前近辺を通りかかったとき、ゴワヌスで働いている知り合いグループに偶然会い、おすすめされたのが、今回紹介する「Gowanus Souvenir Shop」です。

猫好きにはたまらない、カリフォルニア発「Nellie」の猫クッション(35ドル)

 

地元発アイテム並ぶ

ここは地元ブルックリンのアーティストやデザイナー約30人とコラボし、さまざまなグッズをセレクトしています。

中には「ここで泳げるか〜い」と思わずツッこみたくなる「ゴワヌスの水泳チーム」Tシャツや、「ブルックリンのヴェニス」と書かれたポストカードや切手など、この地を訪れた者だけが分かるジョーク満載のグッズなども。

「中にはLA発の商品もあるけど、基本的にはブルックリン、特に地元ゴワヌスのアーティストの商品がメインよ」と、オーナーのウートゥ。70%はハンドメードだそうです。

店は二つのスペースが合体した形になっていて、左側スペースはウートゥのセレクトグッズが並び、右側スペースは別のセレクトショップ(「From Here To Sunday」や「Even Keel)に又貸ししています。

 

店内にはブルックリン、特に地元ゴワヌスをテーマにしたグッズが勢ぞろい

 

Tシャツ(25ドル)とポストカード(1ドル50セント)

ゴワヌスの思い出に

 

近所の別の場所で2015年、ポップアップ形態でスタート。実際オープンしたら反応が良過ぎて本格的に始動し、翌年今の場所に移りました。

ニューヨークは不動産が高騰する昨今。「賃料の高い店舗を持つより、オンラインで物を販売した方が効率的」とECサイトに力を入れがちですが、彼女は今でも店舗にこだわります。「この街を訪れた人々が寄ってくれる場所になっているわ」。旅や土地の思い出の品として「フィジカルなモノ」を買って行きたい人が多いそう。

「店舗売上が圧倒的に多いから、お店に注力しているわ。それに私は発送作業が苦手だし…」とウィンクするウートゥでした。

 

グラフィックやプロダクトのデザイナーでもある、オーナーのウートゥ

All Photos: © Kasumi Abe

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。