第9回 起業のツール

Start-Up

コスト、時間かけず
ツールを上手に導入

「起業」「スタートアップ」と聞くと、華々しいイメージもあると思います。

しかし、やりたいことを実現していくためには、すべき業務がたくさんあります。自分一人で、あるいは少人数でプロダクト作り、顧客獲得などを行っていく中で、バックオフィス業務は非常に大変な作業です。

余裕が出てきて、従業員を雇用できるようになるまでは、本来は同僚や上司、部下がしている仕事を、全部一人、少人数で担当することもあります。一人で何役もこなすなんて、想像するだけでも頭が痛くなりますよね。今回は新しいビジネスを始める上で、少しでも時間とコストを削減できるオンラインツールやアプリ、クラウドサービスを紹介します。

Gスイートで
独自のURL使用

まず起業ツールで代表的なのはグーグルが提供する「Gスイート(G Suite)」です。Gスイートは、グーグルが提供するクラウド型グループウェアで、同社が提供する各々のサービスアプリケーションをビジネス向けにまとめて利用できるソフトウェアです。

1人当たり月額5ドルで、会社名の入ったメールや大容量のストレージなどのサービスが利用できます。Gスイートのアカウント作成の際に、併せてあなたの会社のドメインの登録も行うとよいでしょう。

会社名の入ったメールアドレスを取得したら、次にあなたの顧客やパートナーが見られるホームページ(HP)を作りましょう。当コラムの第7回に紹介したLP(ランディングページ)もここで使うことができます。最近では、HTMLやCSSといったようなプログラムの知識がなくても、質の高いHPが作れるサービスが多くあります。ウェブページの制作会社に外注することもできますが、初期費用や依頼にかかる時間など負担も発生します。

起業したばかりの時期には、なるべくお金と時間をかけずに準備することが大事です。無料または定額でHPをつくれるサービスはたくさんあります。私自身が過去に使用した中では「ウイックス(WIX)」や「スクエアスペース(SquareSpace)」がオススメです。

メールチンプ使って
ニュースレター発送

マーケティングの代表ツールとしては、ニュースレターの発行が簡単に作成できる「メールチンプ(MailChimp)」が有効です。デザインを施したEメール発送、定期購読者の管理、キャンペーンの成果の追跡などができます。

また、SNSをビジネスに活用するツール「HootSuite」は、ダッシュボードで複数のソーシャルメディアに対し、一度で書き込みや最新スケジュールを追加できるのが特徴です。キーワードの追跡、ハッシュタグ、リスト、分析なども可能です。

安価なクラウドツール
物理的なインフラ不要

コストや時間をなるべく抑えたい起業時には、今回紹介したようなツールやクラウドサービスを上手に取り入れて効率的な体制を作り上げることがポイントと言えるでしょう。

紹介したツールの共通点は、サーバーなどの物理的なインフラが全く不要なところです。月単位で数ドルから利用できるものも多く登場していますので、営業活動で管理や確認作業の時間が取れなくなってしまう前に、必要な物を取り入れてあなたのビジネスを成功させましょう。

次回は、米国で会社設立時に必要になってくる手続きや業務に関する手法や具体例を解説します。

【スタートアップに関する用語】

バックオフィス
サービスの前面に出るのではなく、後方で管理業務などの支援業務を行う部門のこと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハッシュダグ(Hashtag)
ソーシャルメディアにおいて、特定のテーマについての投稿を検索して一覧表示するための機能。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グループウェア(Groupware)
組織や集団の内部で情報を共有したりコミュニケーションを取ることができるソフトウェア。
1006_startup

奥西正人(まさひと)
RISING STARTUPS代表

2015年にミートアップ「JAPAN NYC Start- ups」を、翌年、「RISING STARTUPS」設立。ニューヨークのスタートアップ企業の交流を目的とした「IF CONFERENCE」、起業を目指す人を支援する「IF Workshop」を開催。www.risingstartups.co

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。