今週のトピックスまとめ

一般家庭向けの配送開始
海鮮などの食料品各種

トゥルー・ワールド・フーズ

トゥルー・ワールド・フーズは、一般家庭向けの食品配送サービスを開始した。

合計100ドル〜の注文から受け付ける(150ドル以上は送料無料)。商品は仕入れ状況によって異なるが、マグロやカニ、ウニ(東京の市場から直送)などの海鮮、冷凍のギョーザや卵焼き、しょうゆ、米などの各種食料品。

毎週月、水、木、金曜日の各日午前9時〜午後3時。配達希望日の前日深夜までに注文すること。注文によっては、配送までに最大3営業日かかる。商品は手渡しを避け、玄関に置く形で配送。詳細は下記参照。

また同社は、動画でレシピを作成してくれる人も募集中(ユーチューブのアカウントを持っている人を歓迎)。特典付き。詳細は左記のEメールで問い合わせる。

マグロやカニをはじめとした海鮮を一般家庭に(写真はウェブサイトより)

 

【申し込み/問い合わせ】

trueworldfoodsny.com
tkumagai@trueworldfoods.com(日本語)


無 料
話&オンライン茶話会
シニア会員対象に開催

JASSI

JASSIは、毎週月曜日午後1時30分〜2時30分に、同団体のシニアプログラムメンバー(60歳〜)を対象に電話&オンラインでの茶話会を開催している。

同プログラム未登録者は、初回参加後に要登録。詳細は下記のウェブサイトから確認する。初回参加の際には、左記の電話かEメールで申し込み、ミーティングパスワードを取得すること。

【問い合わせ】

TEL: 212-442-1541 (Ext.1)
info@jassi.org
jassi.org


日本画家の個展開催
オンラインストアで

郷さくらギャラリー

郷さくらギャラリーは、8月29日(土)まで、同ギャラリーのオンラインストアで、日本画家の原田隆志さんの個展「アズ・イン・ア・ドリーム」を開催している。

美しい四季・自然をモチーフに、誰もが一度は体験し、心の中に記憶している「心象風景」を表現。自然と共生し、自然の中で感じた美しい記憶を作品に表現する作品からは、長い時を共に過ごすことによって知り得る作家と自然との一体感、そしてどこか懐かしい記憶を感じることができる。

原田さんはニューヨークを拠点に活動。日本画の技法をもって「誰もが共感できる心象風景」を描くことをライフワークとしている。

原田隆志さんの作品「Daydream」(2020年)

【問い合わせ】

info@satosakuragallery.com
satosakuragallery.com


無 料
ウェブセミナーを開催
イノベーション活動について

ジェトロ

ジェトロ(日本貿易振興機構)サンフランシスコ事務所は、18日(木)と25日(木)の各日午後4時15分〜5時45分に、ウェビナー(ウェブセミナー)「今後のイノベーション活動を考える〜振り返りと展望、これからの事業活動の視座と実践〜」を開催する(ライブ配信)。

シリコンバレーなどで活動する日本人講師が、過去のリセッション時の振り返りと、今後の展望などを解説。

無料。定員1500人(先着順・各回共通)。各回の登録締め切りは15日(月)と22日(月)の各日午後3時。下記のウェブサイトから申し込む。事前にズームのダウンロードが必要。

イメージ画像 pixabay.com

【申し込み】

www2.pasona.coml/519571/2020-05-05/8d3nrj

【問い合わせ】

startup@jetro.go.jp
(矢野、樽谷)


「父の日たまて箱」
20セット限定販売

日本クラブ

日本クラブは、21日(日)の父の日に向けて、重箱入りディナー「父の日たまて箱」を20セット限定で販売する。

「刺し盛り&会席風和食セット」(340ドル/三段重、2人前)で、刺身盛り合わせ、日本産ウナギ、黒毛和牛、焼きタラバガニなど。 食材の都合によりメニュー変更の可能性あり。日本酒と焼酎(95ドル〜)も提供。

申し込み締切は6月19日(金)。左記のウェブサイトから申し込む。ピックアップ希望時間と合わせて予約すること。商品の受け渡しは21日午後1時〜4時に、同クラブロビーで行う。詳細は左記の電話かEメールで。

【申し込み】

nipponclub.org/event/fathers-day-special-pre-order/?lang=ja

【場所/問い合わせ】

145 West 57th Street, New York, NY 10019
TEL: 212-871-7167(三田)
nc_order@nipponclub.org


【お詫びと訂正】

弊紙6月5日付号の「ニューヨーク・トピックス」内で掲載した記事に、文章の誤りがありました。

パイウォーターの記事内、マスクの枚数について、1箱150枚入りと記載しましたが、正しくは、1箱50枚入りです。

関係者の方々、および読者の皆様にご迷惑をおかけしたことを、重ねてお詫び申し上 げます。

★掲載記事に関するご質問やお問い合わせは、(reader@nyjapion.com)に、告知事項の掲載希望は(topics@nyjapion.com)にご連絡ください。


オフィスを移転
ZOOMでの初回無料相談を提供

TAIカイロプラクティック

TAIカイロプラクティックは、5月よりオフィスを移転した。同院ではアメリカ最新のスポーツ医学を軸として、必要に応じてMRIやレントゲン、理学検査から症状を診断し、整体やカイロなど手の治療、生活習慣の改善、トレーニングから症状を長期的に改善する手伝いを行う。初回にZOOMを使った無料コンサルテーションを実施。同院院長の仲野広倫さんは「適応症状、治療期間についての質問はお気軽にお電話ください」と話す。

 

119 W. 57th St., Suite 212 (bet. 6th & 7th Aves.)
TEL: 212-931-8544info@tainyc.comtainyc.com


新予約サービス体制を開始
患者同士の接触を最小限に

ジェフリー・アン耳鼻咽喉科

ジェフリー・アン耳鼻咽喉科は、患者同士の接触を最小限にするために、新しい予約サービス体制を開始した。

複数の予約が重なることがないよう、少人数体制の予約で待合室の混雑を防いでいる。ニュージャージーオフィスでは、患者は同院に到着後、車内から受付に電話し待機。連絡を受けてから入室することで安全を図っている。

さらに、同院全スタッフは新型コロナウイルスのテスト済み。外出困難、不安を抱える患者には、日本人アシスタントがサービスを提供。また、アレルギーの即日検査と結果提供も行っている。

ジェフリー・アン医師は、米国協定認定の耳鼻咽喉科および顔面形成外科の専門医

 

ニューヨークオフィスの様子。同院ではアレルギー性鼻炎の治療と予防、いびき治療の最新手術も行う

 

【ニューヨークオフィス】

45 Park Ave.
TEL: 212-714-9117(日本語)

【ニュージャージーオフィス】

1485 Palisade Ave.
Fort Lee, NJ 07024
TEL: 201-461-4714(日本語)
parkavesinusallergy.com


国勢調査の期限延長中
オンラインや電話で回答を

米国国勢調査局

アメリカ政府による国勢調査は、10月31日(土)まで実施を延長している。未回答世帯が対象の追跡調査(訪問)は8月11日(火)から実施予定。それまでに、以下のオンラインもしくは電話で回答できる。国勢調査は市民権の有無は関係なく、現在アメリカに居住している全ての人が対象。ビザステータスも不問。なお、訪問員を名乗る詐欺に注意すること。回答済みの世帯に訪問員が行くことはなく、ソーシャル・セキュリティー・ナンバーや銀行口座の情報などは質問されない。

2020census.gov/ja.htmlTEL: 844-460-2020(いずれも日本語対応)


オンライン診療を開始
診察時間も変更

安心メディカル

安心メディカルは、5月からオンライン診療を開始した。6月から診療時間も変更。

新型コロナウイルスの感染の疑いがある場合はオンライン診察のみ。予約、問い合わせは電話もしくはEメールで。内科、総合診療科、スポーツ医学などさまざまな医療に対応。診察時間は医師によって異なるので、問い合わせること。

オンラインを中心にしているが、処置が必要な場合や子供の予防接種も含めた健診などは、日時を決めて来院となる。また、同院は各種アメリカの保険に加盟。海外旅行者保険のキャッシュレスサービスにも対応。

同院のスタッフは、「メディカルドクターや各分野の医師がそろっているので、家族皆さまの健康管理は安心してお任せください。体調で気になることがございましたらお知らせください」と話す。

総合診療科(成人、小児、婦人、皮膚)の服部医師

 

心療内科の大山医師

 

36 W. 44th St., Suite 303
TEL: 212-730-9010
infoadmin@anshinmedical.com
anshinmedical.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。